アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

天のおくりもの」 みんなの声

天のおくりもの 作:グスタ−ボ・マルティン・ガルソ
絵:エレナ・オドリオゾーラ
訳:宇野 和美
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784895726832
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,263
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵もお話も心にのこる

    オドリオゾーラの絵に興味をひかれて、読んでみました。
    幻想的な絵とあいまって、すぐにお話にひきこまれました。
    人間と羊。全くちがう生き物だけれど、どちらも母の愛情の深さは同じ。
    そして、自分の子どもでなくとも、愛情をそそぎ、はなれてからもさみしく思う場面が心にのこります。
    あたたかい気持ちになる絵本でした。

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな愛しい赤ちゃん

    表紙の美しさに惹かれて手に取りました。


    現実には起こりえない物語。

    でも、だからこそ、

    ドキドキしながらページをめくる。

    迷子になった人間と羊の赤ちゃんが、

    無事にそれぞれのママの元へ戻ったとき、

    ほっとした。

    それと同時に、

    ママ達が感じた淋しさも少しわかった。


    「だって あかちゃんは みんな 天からのおくりもの。
     みんな おなじに いとおしいものですから。」


    絵がほんわか温か。

    どのページも温かな愛に満ちている。


    1歳3ヶ月の娘には、

    まだこの絵本は早いだろうなぁと思ったのですが、

    娘が読みたい絵本を何冊か読んだ後、

    「ママ、この絵本読みたいから、一緒に見て」

    とお願いしたら頷いてくれたので、

    膝に乗せて一緒に読んでもらいました。

    羊が好きなので、この絵本を一緒に楽しんでくれたみたいです。笑

    掲載日:2013/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛情

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    たまたま図書館で目に入ったので読みました

    お母さんがめったに子どもを忘れることなんてないと、でもたまたまひつじと人間のお母さんが偶然、自分の子どもを見失った・・・

    えっおもしろそう・・・・

    2者とも赤ちゃんを入れ替えた状態でしばらく過ごすんです
    不思議だ〜

    羊飼いが気がついて、お互い元のお母さんの所に帰るのですが
    少しでも育てた赤ちゃんに対する愛情が、残っている

    題材がヒツジと人間ですが、要は生みの親でもあるけど育ての親の愛情というものは、深いのだな〜と感じます

    掲載日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • どの子もカスガイ

    • ベーベさん
    • 30代
    • その他の方
    • 長野県

    自分の子どもじゃなくったって、みんな神さまからのおくりもので、おんなじにかわいい、というおはなしです。独特の空間づかいのかわいらしい絵がとても印象に残りました。おかあさんがよんでも、一人っ子でも兄弟がいる子でもいろんな受け取り方ができる本だと思います。ほんわかしてなごめる雰囲気の絵本です。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんの優しさがいい

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    書店で平積みになってましたが、白い背景に木の枝の表紙が
    カラフルな絵本売り場の中で際立って目立ってました。

    子供が迷子になってしまった二人のお母さんたち。
    自分の子の事だって心配だろうに「この子も迷子なのね」とお互いの子供を育てます!

    元に戻っても、相手の赤ちゃんのことを時々考えるお母さん達の姿に、こちらまで和む気持ちになりました。
    絵も白っぽくてふんわりした雰囲気で、優しさ漂う絵本です。
    どの世界の親子も同じなんだなあと思うと、大人のほうが思うことの多い絵本かもしれません。

    掲載日:2009/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がちゃがちゃ どんどん / ごぶごぶ ごぼごぼ / ルリユールおじさん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 1
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット