庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ゆきのひのおはなし」 みんなの声

ゆきのひのおはなし 作・絵:かこ さとし
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1997年
ISBN:9784338100045
評価スコア 4.06
評価ランキング 18,094
みんなの声 総数 15
「ゆきのひのおはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ゆきだるま

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    私の住んでいるところは昔も今も雪が積もることは滅多にないのでこうした雪遊びの経験が私自身少ないです。子供も今のところ同様です。
    もう少し大きくなったらこうしたゆきだるま作り等の経験もさせてあげたいなーと思いました。
    動くゆきだるまたち。
    つくった子たちもきっといっしょに遊びたかっただろうなーと思いました。
    人間が知らないところで…と考えると楽しいですね。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜は雪だるま達が

    2歳11ヶ月の息子と読みました。
    このシリーズはどの絵本もとても素敵です。
    ゆきのひの定番の、雪だるま、雪合戦、そりあそびが出てきて
    早く雪が降って欲しいなという気持ちになります。
    「ゆうがたになったので〜みんなは、またあしたねといってかえってゆきました」と読むと、いつもはそこで終わりなので、次の絵本を取り出そうとした息子ですが、この絵本はまだ続きます。
    予想外の展開にあれ?という表情の息子。
    夜は雪だるまたちが、昼間のさあちゃん達のように遊びます。
    こういうところは、夢があっていいな、素敵だなと思いました。
    同じシリーズだから分かる楽しみと、シリーズの中でもそれぞれちょっと違うところがあるのがまた楽しいです。

    掲載日:2012/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしいな〜

    かこさとしさんの絵本だったので、読んでみました。

    雪の季節には、ピッタリの絵本ですね。

    雪だるまを作ったり、雪合戦をしたり、そり滑りをしたり・・・
    子供達と動物達が楽しく遊びます。

    雪だるまが動き出すのは、とっても面白くて夢のあるお話ですね。
    昔風な「さあちゃんとゆうちゃん」の服が、とっても懐かしく思えました。

    掲載日:2012/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆきのひが待ち遠しくなります

    • テントヤマさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子9歳、男の子3歳

    3歳の息子が、「ゆきだるまのおはなしよんで〜」と言って持ってきました。

    ゆうちゃんとさあちゃんが出てくる、
    「はれのひのおはなし」「あめのひのおはなし」とならぶ、
    お天気シリーズです。

    この3冊を読んでから、息子が朝起きると「きょうはおてんき?」「今日は雨?」「ゆきふる?」と、お天気に関心を持つようになった気がします。

    そういえば、小さいころ雪が降ったらこんな遊びしたなあ〜と、大人の私もなんだかほんわか懐かしくなるお話です。

    子供も大人も、雪が降るのが待ち遠しくなるお話ですよ。

    掲載日:2009/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの頃を思い出しました。

    かこさとしさんの絵本です。
    子ども達が家に帰ってしまうと、作った雪だるまが子ども達をまねして遊び始めるというお話。

    自分が小さい頃を思わせるような絵ですね。昔は今より沢山雪が降って、庭で雪だるまやそりが出来るような山を作ったり、雪合戦をしたり・・・、そんなことを思い出しました。
    子どもはやっぱりこうでなくちゃ。今の子どもは家遊びが多いと思いますが、雪の日でもこのくらい元気に遊んでもらいたいものです。自然と触れ合って遊ぶことの楽しさが詰まった絵本でした。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい雪の日

    だるまちゃんシリーズ以外の、雪の日のお話として興味がありました。

    みんながいなくなってからの、ゆきだるまたちの行動がおもしろかったです。

    雪だるまも子どもたちと一緒に遊びたかったかもしれませんね。

    絵が昭和な感じで懐かしく感じました。小さい頃は、表紙にあるような帽子被っていたような気がします。

    絵本本体でけでなく、見返しにもお話があるところにかこさんの遊び心を感じました。とても楽しい雪の日のお話だと思います

    掲載日:2009/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪遊び

    なかなか雪は降ってくれないので、雪遊びが出来なくて残念ですが、絵本で楽しむことが出来ました。雪のかき方がとても優しい温かい気持ちが溢れていると思いました。「白い雪が、しゃんしゃんふったり、こんこん積もったり、ちらちらやんだりしました。」私は、とても気に入りました。とても優しい気持ちにさせてくれました。絵にも、ふわっふわっとした温かみのある絵だと思いました。最後の終わり方も余韻の残る終わり方で心に残りました。

    掲載日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪が降ったときにオススメ☆

    本当に題名の通り、雪が降った後にぴったりの絵本です☆
    お馴染みの、雪だるま遊び・雪合戦・そり遊びが盛り沢山〜!
    子供たちが沢山遊んで帰った後に、雪だるまさんたちが同じように遊び始めるのですが、、、
    これには子供たちがとても喜んでいました♪

    最後には素敵なオチがついてる絵本です☆

    掲載日:2008/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪の日にぴったり。

    2歳の息子と雪だるまを作ったり雪合戦をして
    初めての雪遊びを経験しました。
    そんな日にちょうど本屋さんで出会う事が出来た絵本です。

    雪だるまが、雪合戦やそりをしているのが
    ユニークで楽しいですね(*^_^*)
    最後のひとかたまりになっちゃうのも面白いです。

    雪遊びを経験したその日に出会えた絵本なので
    思い出にも残りそうです。
    経験したばかりのことなので、息子も
    とっても喜んで聞いてくれています。

    掲載日:2008/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪が降ったら・・・

    子供たちも私も大好きなかこさとしさんの本です。
    雪が降る時期になったので図書館から借りて見ました。

    雪合戦をしたり、雪だるまを作ったり、子供達と動物達が
    楽しく遊びます。
    雪合戦をした事がないうちの子供達は「雪合戦ってなあに?」と
    不思議そうに聞いてました。

    ゆきの日に遊ぶお話で楽しかったのですが
    かこさとしさんの本にしては単調な内容だったので
    ★4つです。

    掲載日:2008/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / パパ、お月さまとって!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.06)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット