レモンちゃん  レモンちゃん  レモンちゃん  の試し読みができます!
作・絵: さとう めぐみ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
レ、レ、レ、レモン、モン♪ ステキな おともだち できるかな〜♪

かいけつゾロリ(37) かいけつゾロリの大どろぼう」 みんなの声

かいけつゾロリ(37) かいけつゾロリの大どろぼう 作・絵:原 ゆたか
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784591087343
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,032
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 罪を着せられるゾロリ!?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    ブルル社長があいかわらず商売上手…というか汚いですねー(笑)。そして、たくましいです。
    グラモも再登場!一見、人あたりはいいのですけどねー。
    絵画どろぼうの罪を着せられてしまうゾロリ。
    気になる赤いひこうきも出てきたりして、子供は楽しんでいた様子です。

    掲載日:2017/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後までねばったね

    今回も楽しかったです。

    美術館がテーマでしたが、名画と呼ばれる絵が

    たくさん出てきました。

    名前も絵も微妙に違いますが、

    あの絵のことだな、、とすぐわかります。

    グラモという名前のもぐらが出てきますが

    なかなかの悪者です。

    罪を着せられたゾロリですが、

    最後まで諦めず犯人を突き出していました。

    さすがゾロリ!!

    掲載日:2017/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろかった

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    6歳の娘が大好きになって、シリーズ第一作目から順番に読んでいます。作品によって、おもしろさは違うようなのですが、この作品は気に入ったようです。
    ゾロリが美術館の絵画『モニャリザ』を盗もうとするのですが、ライバルの泥棒が出て来たり、贋作を作る作家が出て来たりと、ストーリーはなかなか複雑です。大人が読んでもけっこうおもしろかったです。
    ゾロリシリーズは、過去の作品に出てきた人物などが、また他の作品に出て来たりするので、シリーズで読んでいる読者にはうれしいと思います。

    掲載日:2017/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • またグラモとたいけつだ

    【子どもレビュー】(6歳・男の子)
    モニャリザのえはグラモがかかせたにせものだったので
    びっくりしました。
    いちまいだけじゃなくてたくさんのにせものが
    あったので、さがすのがたいへんでした。
    ブルルしゃちょうは、はいるのはただでも
    でるのにおかねがいるびじゅつかんをつくったので
    わるいひとだとおもいました。


    クリックして拡大

    掲載日:2015/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ノシシ大活躍!

    ゾロリ大好きな息子が図書館で悩みまくってようやく決めた一冊です。

    いつものゾロリだと、悪だくみを考え色々あって大失敗って
    パターンが多いゾロリですが、今回は違います。
    自分にかけられた濡衣をはらそうと、いつになくマジメな展開。。
    それが少々つまらない(笑)

    今回はノシシが大活躍!
    ノシシとイシシが食いしん坊で良かった良かった。。
    いつになくめでたしめでたしなお話でした。

    途中、モニャリザを探せ!と本物を探すところが
    なかなか難しく息子は四苦八苦してましたが
    それも楽しいですよね。息子は読み終わった後も
    何度も何度も見返してました。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • モニャリザに大笑い

    息子が小1の時にハマった、「かいけつゾロリ」シリーズです。

    街頭でもらったティッシュに書いてあった、美術館の入場無料券がきっかけで、
    美術館へ行く気になったゾロリ達。
    ひょんなことから、そこに飾られていた「モニャリザ」の絵をいただくため、
    グラモと対決することになります。さて、「モニャリザ」の行方は??

    まず、この「モニャリザ」に大笑い。
    「モナリザ」+「ネコ」で「モニャリザ」になったようです。
    本物の「モナリザ」を知らなかった息子に、これを機に「モナリザ」を教えたところ、
    今回のゾロリのお話がさらに面白くなったようです。

    一時期、我が家の中で「モニャリザ」がブームになりました(笑)

    掲載日:2010/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゾロリVSグラモ

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    ゾロリVSグラモ。
    名画「モニャリザ」を盗み出す対決!
    グラモに一足先をこされてしまったけど、後を追ううちに次々と発覚していく事実に夢中になって読んでしまいました。
    先に読んでいた息子が最後を話したくてウズウズするのに「待った!」をかけ、大人気なく楽しんじゃった母です(笑)

    衝撃の事実!だけど、それにへこたれないブルル社長が素敵に見えました(笑)

    掲載日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / りっぱなマジシャンへの道 / ななめねこ まちをゆく

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いちまるとふしぎな手』 <br>八田香里さん&宮下知子さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 4
  • 7歳 0
  • 8歳 2
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 0

全ページためしよみ
年齢別絵本セット