ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

そのつもり」 みんなの声

そのつもり 作・絵:荒井 良二
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1997年12月10日
ISBN:9784061322172
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,932
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 駄洒落ですよ。

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    どういう話かなぁと思ったら
    そのつ森っていう森の動物たちのお話です。
    だ・・だじゃれかぁ。

    そのつもりになった気分で想像。
    毎回、いいねって皆でその気になる図が
    ちょっとおかしくて。
    でもそのままも愛しいねって結末も
    いいです。

    荒井さんの絵本は何度も読み返したくなる何かがあって
    この絵本、そのつもりもそう。
    たくさん読みたい作家さんです。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  •  荒井良二さんの絵本に流れる時間は、ゆったりとしています。自分の中のせかせかした気分に気付かされます。

     「そのつ森」に流れる時間も、とてもゆっくりです。何年も何年もかけて、森の空き地の使い道をみんなで考えています。案がでる度に、みんなで「そのつもり」になります。「いいねえ、それ。」と言って・・。「そのつもり」になれない時も、実はあります。いろいろあるけれど、みんなの話し合いは続いていきます・・・。

     読んでいると、和やかな話し合いの場の雰囲気にほっこりしました。「いいねえ」という肯定の言葉を何度も聞くのも嬉しい!肩の力が抜けて柔らかな気分になれた絵本でした。

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人でも「○○したいなぁ」「いいねえ、それ」て、よく聞きます。でも、なかなか実現しないんですよね。
    なにかアクションを起こして、変化を起こしたいけど、本当にアクションを起こす行動力も勇気もない。
    動物たちが、自分のように思えてきました。
    特に「なにもしないでこのままでいいとおもいます」に対して賛成意見がなかったことも、自分みたいだなぁと思いました。このままじゃいけないことだけはわかっているんですが、なかなかね……
    でも、この絵本を読むと、そうやって変わりたいと考えることが大事なのかなと思ったり……
    考えさせられる絵本でした。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森の会議

    このお話は森の動物たちが空き地の使い方を巡って会議を開いているお話でした。とってもたくさんの意見が出てきていたのですが、うちの子は空き地を海にしちゃうっていうアイディアが一番気に入っていたみたいです。もし自分がそこにいたら〜なんて想像していました。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいねぇ、それ

    荒井良二さんのちょっととぼけた独特な絵の表紙に惹かれて手に取りました。森の空地で動物たちが相談中。議題は「そのつ森」の使い方。だれから「穴をほって温泉にしよう」と言えば、みんなでそのつもりになり、誰かが「うみがいい」と言えば、またみんなでそのつもりになって・・・でもなかなか決まらないのです。
    繰り返される「みんなはすこしかんがえてから、「いいねえ、それ」といって、そのつもりになりました」というフレーズが、なんともやさしくて心地よいです。子どもたちも、動物たちと一緒に森の中にいるような気分で会議に参加しているように見えました。
    ちいさなリスの「このままがいい」という意見に、みんなが反対したのがちょっぴり残念でしたが、全体になんだかゆったりとした時間が流れていて、和みました。

    掲載日:2012/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆるゆる

    ゆるゆると肩の力が抜けていくような、お話だと感じました。

    すこし かんがえてから
    「いいねえ、それ」と いって
    そのつもりに なりました

    という繰り返しです。

    どんなに素敵な提案でも「俄然やる気満々」にならないところに、のんびりした空気がありますよね。

    絵もかわいいです。

    掲載日:2012/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力で楽しく

    そのつ森の動物たちのように、私たちも「こんなだったらいいな」、という楽しい想像に浸ると、一時でもとても心地よくなります。仲間同士でやれば、ならなおさらです。「そのままで良い」というシビアな意見が出てくるのは意外でしたが、こういう現実的な意見があるのはごもっとも…。でも後で、また動物たちが小声で話し合いを続けているのが、心をくすぐります。

    娘は絵がとても気に入った様子。漫画チックですが、かわいいです。読んだ後、一緒に「そのつもり」をやったら、とても楽しかったです。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森にある空き地を どんな風に使うか 話し合いの会議をしているのがすごく 民主的で良いんです!
    しかも みんな 自分の意見を言ってみんなが そのつもりになるのです。

    すぐに そのつもりになるのがおもしろくて、非常に平和でのんびりしていて優しい気持ちになれますね

    いつもの荒井さんの絵より この絵は 優しく 森の中の動物たちもかわいいのです。

    カラスが 「海にしたいなあ、わたし。」  この発想は あれ?
    カラスのイメージと違いました
    リスは「なにもしないで この ままが いいと おもいます」と小さな声で言いました

    みんなが そのつもりになってくれませんでしたが・・・・

    リスさんも きちんと自分の意見を言っているのが えらいな〜と思いました
    それなりに理由があるのでしょうが、みんなは もっと変化を求めているのかな〜

    私としては リスさんの意見に賛成です!

    まだまだ 話し合いが 続きます
    そのつ森の動物たちは、みんなが大事にされて 民主的なのが とっても良いと思えました。

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆったりとした流れ

    ゆったりのんびり、そんな気持ちでママが読むといい本
    です。

    荒井良二さんの絵が大好きな娘なので
    表紙のどうぶつたちの顔が絵本の中では少し小さかったのが残念。

    でもその分、そのつ森での皆の会議が最後まで続くところは
    子供が想像するのにとてもいいと思います。

    ずっと答えがでない会議だけど皆の声を聞いて皆で考える。
    そして多分絵本を読んだ後もずっと会議は続いているんだろうなと
    思うととてもほんわかとした気持ちになれます♪

    掲載日:2010/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもは気に入っていました

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    私にとっては、なんだか掴みどころがない絵本。
    でも、娘は気に入っていました。
    森の中の空き地の使い道を巡って、動物たちが会議を開きます。
    温泉とか、山よりも高いものを作るとか、海にするとか、さまざまな意見が出て、そのたびに動物たちは「いいねぇ、それ」と言っては想像してうっとり。
    いろいろと想像してはすっかりそのつもりになるって、確かに子どものときはよくしてたかなぁ。
    この絵本にあまり共感を覚えないのは、つまらない大人になってしまったということでしょうか。
    手書き風の文字とそれを縁取るような草の絵はとても素敵でした。

    掲載日:2010/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット