おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ねずみとくじら」 みんなの声

ねずみとくじら 作・絵:ウィリアム・スタイグ
訳:せた ていじ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年
ISBN:9784566001039
評価スコア 4.31
評価ランキング 12,992
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 涙なしには読めません

    瀬田さんご自身の『絵本論』の中で紹介されていたので興味を持って借りてきました。

    2歳の息子にはまだ早いのはわかっていました。絵に対して文章がやや多いですし、1文がまた長いのです。内容も「ほ乳類」など、小学生にならないと理解できない点もあります。

    でも、ストーリー自体はそれほど複雑ではありませんし、小さな子にも理解できる流れだと思います。長い文章も、とても詩的で美しく、難しいかもしれないけど、子供に触れて欲しいと思うような文体でした。実際に、息子は結構よく聞いていました。

    くじらとねずみの友情には自然と涙が流れてきます。大人もじゅうぶん楽しめる絵本だと思いました。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 友情

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    作者で選びました。
    3歳の子にはちょっと難しい言葉が多かったかな。
    話自体は難しくはないのだけれど、ちょっと長いのもあってうちの子にはまだ早かった感じ。それでもちょこちょこ聞いてくれました。
    陸に住む小さなねずみと海に住む大きなくじらの友情のお話です。
    いろいろと違う彼らだけど、友情は成立するし、素敵なお話でした。

    掲載日:2016/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 品のある訳文

    ウィリアム・スタイグの絵本はどれも好きなのですが、こちらは特に大好きなおはなしです。
    陸に住む小さなねずみエーモスが、海で大きなくじらボーリスに助けられたところから二人の友情が始まります。交わした約束を忘れずにきちんと守るエーモス。淡々と語られるのが、逆にグッときてしまいます。
    品のある訳文も素敵。ちょっと読み難いところもあるので、初めは大人が読んであげるといいかもしれません。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジーンときました。

    かなり古い絵本です。

    海外の絵本なので訳されているのですが、

    この訳がちょっと難しいので、子供に読むときは

    少しわかりやすくして読んだほうがいいと思います。

    陸で生きる小さなねずみと、

    海で生きる大きなくじら。

    この対比した二つの生き物が物語を作ります。

    縁あって出会ったのに一緒にいられない。

    海と陸という生活の違いからそばにいられない。

    それが何とも切ないです。

    表紙と裏表紙の絵がまた読んだとは切ないです。

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみの人生観

    ねずみとくじらのお話ですが、海の好きなねずみエーモスの人生観を感じました。
    海が好きで、海に憧れて、自ら作った船で航海に出たエーモス。
    星空に感動して、クジラに群れに興奮して、海に落ちてからくじらのポーリスに助けられるまでの孤独に、あきらめやら希望やら、エーモスのしみじみとした思いが語られて、なんだかじ〜んとしてしまいました。
    いつか、このような人生の振返りと、自分の運命を受け入れる時が来るのでしょう。
    くじらのポーリスに助けられてからの、展開は第2章。
    命の恩人を今度は自分が助ける時が来ました。
    出番の少ないゾウさんもリッパなキャスティングです。
    きっとエーモスとゾウさんたちとの絆にもドラマがあるのでしょう。
    タイトルに「ぞう」が加わっても良いようなお話でした。

    掲載日:2012/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 教えられたこと

    先日娘が、いじめっ子の男の子とお隣の席になり
    受難を恐れた私は「知らん顔してたほうが、巻き込まれないよ」なんていってたのですが
    娘は、心を砕いて仲良くなる道を選んだようでした。
    (徐々に嫌な事をされなくなった娘に「どうしたの?」とたずねると
    「知らん顔するのをやめたから」と言っていたので)
    全く違うと思われる両者も、
    歩み寄る気持ちを持てば、暖かい明日が待っているということを
    この本と娘に教えられたような気がします。

    ねずみとくじら。
    一方は海に住み、一方は陸。
    また、大きさも全然違う・・。
    そんなふたりが、友情を育み、どんな年月をかけてもそれを忘れない。すごく深くていいお話でした。
    すこし古い本のためか、訳の言い回しが難しいところがあり
    高学年の方が楽しめるし、大人にも響くものがある一冊だと思います。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結構長いお話です

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    ねずみのエーモスは航海術を学びながら船を作り、冒険へと旅立ちます
    ところが海から眺める宇宙に感動しすぎて、転げ落ちてしまうのです
    そこでくじらと出会い、友情をはぐくみます

    結構長いお話で、図書館では6年生にお勧めと表示してます
    クジラとの友情が長きにわたってお互いを忘れないでいることや
    過去に助けてもらった恩を忘れずにいたことなどは、今の子供達には新鮮に映るかもしれません

    掲載日:2011/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険好きの男の子に。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    ISBNコードもない古い作品です。
    日本での初版は昭和51年とあるので、約30年ほど前の本です。
    小さなネズミが海にあこがれ冒険に出る前半と、お互いがだいぶ大人になってからの再会する後半に、物語は大きく分かれていると思います。

    うちの子が横から覗いて「クジラに対して、このネズミは大きすぎるね〜」と、しれっとコメントを入れてくれました。
    物語的にはとても素敵な友情が描かれていますが、子どもたちに読み聞かせるとなると、少々分が長すぎる気もします。
    図書館で探してきたのですが、劣化も激しく、もともとあまり濃い色使いではなかったので、色褪せているため、遠目は効きづらいと思います。

    読むのなら、一人読みか少人数の単位で読むことを進めします。
    どちらかというと、冒険好きの男の子に薦めてみたいです。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出会いと交流

    ねずみとくじら、陸の生物と海の生物ですから、出会うべくもないのですが、その二人の出会いと交流に惹かれました。

    最後は、切なさを感じました。

    お互いの存在を認め合い、個性を尊重する出会い、心の奥深くに刻まれる思い出。そんなものが残る出会いがしてみたいと思いました。

    掲載日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

     「もうだめかもしれない」と思わせた後、ハッピーエンドになるウィリアム・スタイヴの作品の感動がこの絵本にも見られました。ここでは ねずみとくじらの意外な組み合わせの二人、思いがけず出会った二人が見た目の違いにとらわれず、小さな共通点からなかよしになっていく様子は、子どもたちにも大切にして欲しい友だちの作り方だと思いました。
     年月がたっても色あせることのない思い出と友情に素晴らしさ、この作品を通して友だちを大切にする気持ちが心に響くお話です。
     小学生低学年にも読んで欲しい絵本だと思います。

    掲載日:2008/07/16

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット