十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

偕成社文庫 家なき娘(下)」 みんなの声

偕成社文庫 家なき娘(下) 作:エクトール・マロ
訳:二宮 フサ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2002年02月
ISBN:9784036524501
評価スコア 4
評価ランキング 22,560
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ペリーヌ物語の原作

    BS2で現在『ペリーヌ物語』が放映中で、家族で見ています。

    今後どうなるのか、私はアニメも見たことがあり原作も読んだことがあるので知っていますが、知らない息子のために、下巻だけ見つけたので買って読み聞かせをしました。

    ちょうどアニメは上巻が終わったぐらいのところだったので、次にどうなるということがわかってよかったようです。

    子どもの頃に読んだのは抄訳で、この本は完訳ということもあり、ペリーヌの性格は、アニメよりも抄訳よりももっとしっかりとしてしたたかなところもある少女だったのだと思いました。

    アニメになると小公女もそうでしたが、日本人好みのしっかりはしているけれどもか弱いところもある線の細い女の子になってしまうんですね。

    その方が日本人受けするからということなんでしょうか。

    アニメでは母親はイギリス人ということでしたが、完訳ではインド人ということになっているので、

    祖父が父の結婚に反対した理由というのも飲み込めました。

    甥が二人いたり、ペリーヌの家庭教師がいたりと、アニメではない設定もあり、驚きました。

    もう一つ工場長のタルエルがアニメよりも陰湿で怖い存在に感じました。

    マロは孫娘のペリーヌのためにこの小説を書いたそうですが、いろいろな困難に直面した時の処世を学ぶ小説でもあるように感じました。

    当時の労働問題も含まれていて、読み応えがありました。

    上巻ではどのように描かれているのかぜひ読んでみたいです。

    掲載日:2011/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。


山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット