なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

カバサンチとアドバルーン」 みんなの声

カバサンチとアドバルーン 作・絵:阿部 行夫
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784894236257
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,364
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かわいいカバサンチ

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳

    コビトカバの家族「カバサンチ」は、森の峠の雑貨屋さんでした。
    所狭しと、いろんな雑貨で溢れかえっています。
    でも、峠の下に大きな道路が出来てから、
    お客さんが、来てくれなくなったのです。
    そこで、大きなバルーンで看板を作ったところ・・・

    大きな災難が、次から次へとカバサンチを襲います。
    こちらは、ハラハラどきどきだけど、
    カバパパとカバママは、少しもあわてません。
    どっしりと構えているから、
    子ども達も、ぜんぜん不安がらないのでしょうね。

    けがをしたカツオドリを、家族みんなで看病するシーンは、
    とても素敵な家族だな〜と思いました。

    カツオドリさんも、助けてもらった恩を忘れず、
    カバサンチのピンチを助けたシーンは、
    (それも、トトに教えてもらったあやとりで!)
    素晴らしいと思いました。

    作者の阿部行夫さんは、アニメーションの美術監督をされているそうで、
    納得のえほんです。
    繊細な線で描かれた動物達の生き生きとした表情がとてもいいですね。
    特に、黄色くて大きなカバサンチバルーンが、
    メッチャ可愛くて大好きです。

    カバサンチの活躍が、アニメ映画になったらいいのにな〜。

    掲載日:2009/12/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • カバさん一家とカツオドリたち

    アドバルーンと一緒にビューンと飛んでしまった家は、
    おおきな海にぷかぷか浮いて、
    おうちのまま、航海にでちゃったと思ったけど、
    食料品はだんだんなくなるのは、困ります。
    カツオドリを夢中にさせたあやとりが、とっても役に立ちました。
    全体の構図がアニメ映画のよう。
    ダイナミックで、ロマンにあふれていて素敵な絵本でした。

    掲載日:2016/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢ある余韻がいい!

    パパママ2匹の子供のカバサンチのお話です。
    このお話,ハラハラドキドキ感もあり,どうなるの?と先へ先へ進みたくなる内容で,親子で楽しめる絵本だと思います!
    カツオドリ達とカバサンチの出会いと関係も素敵でした。
    「いつかカバサンチバルーンがあなたのまちのそらをとおりすぎていくかもしれません」という最後の文章が,何とも夢があっていいですね!

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がとっても素敵

    4歳6歳の娘たちに借りました。表紙の絵がとっても素敵で借りたのですが、中ももちろん素敵でした。特にみなとに大きな船が着く場面は、感動しました。中身も家族で仲良く困難を切り抜けていくとこがとても良かったです。購入したくなりました。

    掲載日:2014/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がとても素敵!

    6歳の娘と読みました。
    ガバサンチは、コビトカバの4人家族。森の峠で雑貨屋さんをしています。お店の看板を大きなバルーンにしたことで、一家の大冒険がはじまりました。
    ちょうど動物園でコビトカバを見たばかりだったので、娘もとてもうれしそうでした。
    娘は読み終わってからも、ひとりでページをめくっていました。街の上を大きなかばのアドバルーンが飛ぶ様子など、絵がとっても素敵です。

    掲載日:2014/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な家族

    外国の絵のような、オシャレなページの数々にうっとり・・・。

    絵がとても細かく書き込まれていて、
    その中にすっと入ってゆけました。

    カバにはさほど興味がなかったけれど、
    読み終えた途端に何だか親近感が・・・。

    ラストも、想像力を膨らませるような終わり方で素敵です。

    お話がやや長いので、
    「今日はここまで」と区切って読み聞かせると
    本当に冒険をしているような気持ちになれるかもしれません。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • カバサンチバルーン

    • ごらむさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    出版された時、絵の可愛さに一目ぼれいていたのですが、お話もまた素敵でした。

    コビトカバの家族(カバサンチ)は森の雑貨屋さんでしたが、大きなバルーンで看板を作って屋根につけたら、その夜、嵐の強い風で家が空高く吹き上げられてしまいます。
    優しいタッチながらも空や海が荒れている様子は、これから冒険が始まるようで、ちょっとドキドキしてしまいました。

    その後、いろんなピンチがおとずれますが、カバサンチはいつものんびり構えていて、とってもほのぼのします。

    森へ帰る時は、コビトカバの形をしたカバサンチバルーンを家の屋根につけて飛んでいたので、子供たちは嬉しそうに笑っていました。
    最後の「いつか、カバサンチバルーンが あなたのまちの そらを とおりすぎていくかもしれません」には、そんなわけないやろ〜と突っ込みを入れていましたが、最後の最後まで楽しませてもらいました。

    コビトカバのまあるい体が絵の雰囲気にぴったりで、本当にかわいいです。
    細かい描写や優しい色使いなど、大人が見ても十分楽しめる絵本です。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • きっと深い絵本

    サイン本を購入しました。
    全ページ試し読みしたら、どうしても欲しくなって。
    個人的には、カバサンチが繁盛している頃のページのイラストが大好きです。とても細やかに、だけど繁盛している様子がとてもよく伝わってきます。

    ひょんな事から、とても有名になってしまったカバサンチ。でも有名になった代償はあまりにも大きくて・・・

    世の中を風刺的にとらえた物語でもあり、考えさせられる本でもありました。でも、そんな事を抜きにして、純粋に楽しむことができました。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジブリ系のファンタジーが好きな方に

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    最初ナビの紹介ページでこの絵本の表紙を見たとき、黄色くて大きなカバサンチのアドバルーンがマンゴーかなにか南国のフルーツに見えてしまいました。(笑)

    アドバルーンの形もその使い勝手の良さも、見ていてなかなか素敵でした。この大きさのこの形だからこその利点が出ていたように思います。

    1ページ1ページが風景や家具の1つ1つまで、とても細かく丁寧に描かれていて、読むより見て楽しむ絵本かな?と、感じました。
    そして、カメラ目線的な描きかただなと思い、ジブリアニメでも見ているような錯覚に囚われました。
    最後に作者紹介を見て、その感覚が間違っていないかったことに気づきました。
    作者の阿部さんは元々アニメの美術監督さんだそうです。
    「魅せて」くれる作品だなと、思いました。
    ジブリ系のようなファンタジーが好きな方には特におすすめです。

    掲載日:2012/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい想像力!

    「すごい想像力!」これが娘の素直な感想です。

    森に住んでいたカバさん達親子が家ごとアドバルーンで
    飛ばされ、海を漂流して街へ行き沢山の出会いと経験を
    するお話です。

    絵がとても繊細かつ緻密で、そしてとても愛らしいです。
    カバさん達に降りかかるいろいろな出来事を子供は
    自分のことのように楽しんでいました。
    娘の評価は文句なしの★五つです。

    正直私はこの作品は長編アニメになるような作品で
    絵本としては長すぎ、街に来てからの展開は物足りない
    気がしました。(雑貨屋さんの宣伝をすると言う当初の
    目的も忘れられてしまっていますし...)
    最後はカバさん達の住んでいた森にたどり着いたところで
    終わってほしかった気がします。
    私の評価は★四つです。

    掲載日:2012/08/22

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット