しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

オオカミのおうさま」 みんなの声

オオカミのおうさま 作:きむら ゆういち
絵:田島 征三
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784033316406
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,766
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 大人の方が楽しめる?!

    • はなたま*さん
    • 30代
    • ママ
    • 長崎県
    • 女の子8歳、女の子6歳

    いつもまわりの目を気にして失敗しないように格好つけてるおおかみ。
    発言したことが反対にとられて空回りしているおおかみ。
    人の上に立ってみんなに囲まれたり、構われたり、命令することが苦痛なおおかみ。

    大人の私には、なんだかこれまで自分が生きてきた生活のなかで、少なからず感じてきたこと体験してきたことと少し重なるような気がしました。

    そして最後に、慣れない集団生活とおうさまという重圧からやっと解放されて、へろへろになってるおおかみの姿に人間味を感じて笑えました。

    一方、娘は全部でいったい何匹おおかみが描いてあるんだろうというのに驚いてましたが、娘のなかのおもしろさでは「おおかみのひみつ」のほうが上のようです。

    掲載日:2009/10/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • 勘違いされて慕われ困るオオカミ王

    転んだだけなのに、偶然倒した敵とえさにびっくりしたオオカミたちが、子分を志願してついてきます。至れりつくせりされて、悪くないかな、とかるーく言っただけなのに、翌朝千匹のオオカミが集結しているところ、おかしくなり笑ってしまいました。知恵を使って子分を処分するところもなかなかです。

    娘も気に入りましたが、これはパパも笑ってしまい、シリーズでお気に入りの一冊になりました。

    掲載日:2011/10/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白いオオカミ

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    勘違いからオオカミの王様になってしまったドジなオオカミ。
    王様って楽チンかと思いきや、結構疲れるようです。
    ページをめくるごとに、どんどん子分が増えていって、あっというまにすごい数。オオカミだらけで目が回りそうですが、内容が面白い上に、ラストは笑えます。
    この続きが気になる!!

    掲載日:2009/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • はんたいになっちゃうのがおもしろい

    おもしろかったところは、オオカミがにげているときに、「オレについてくるな」っていったら、ほかのオオカミが、「オレについてくるかあ」ってきこえたところです。

    おもしろくてわらっちゃいました。

    びっくりしたところは、オオカミのおうさまがおきたとき、オオカミが千びきぐらいいたところです。

    あんなにふえたら、こまるだろうとおもいました。

    いつも、オオカミのおうさまがさけぶのとはんたいになっちゃうのがおもしろかったです。

    オオカミのひみつをよんでおもしろかったので、この本をかりてきました。

    えもオオカミのすることも、いつもおもしろいのですきです。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 失敗です!このシリーズは、読んでいませんでした。
    こんなに楽しいのに、手を出さなかったのはなぜでしょう(笑)。

    ものすごくドジなくせに、かっこうを気にしているオオカミ。
    だから、一人が一番気楽でいいって、思っていました。

    今日も格好をつけて、丘を登って行きましたが、足を滑らせ、崖から谷底へ、・・・・・・。
    運良く助かりましたが、オオカミはみっともない姿を誰かに見られてしまったと思い、そそくさと立ち去ろうとすると、・・・・・・。

    もうこの後の展開にビックリ!大爆笑です!
    誰かといると失敗しないようにと、始終気にしていなければならないのに、オオカミの想いとは裏腹に、おうさまに祭り上げられ、失敗しそうになってもものすごい数のサポートが、・・・・・・

    おうさまもいいかもと思ったオオカミでしたが、彼のとった人生の選択は、・・・・・。

    最後のページのオオカミの表情でもう一度大笑いでした。
    オオカミも生きていくのは、楽じゃなさそうですね〜。
    このシリーズ読破したいです。

    掲載日:2015/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1人になりたいのに。

    たまたま、おっちょこちょいしただけなのに偶然に偶然が重なり、凄いことをしたオオカミ。
    言葉を聞き間違えられたり、誤解を招いてどんどん子分が増えていく様子が面白く読み進めました。
    息子にはあまりハマらなかったようですがわたしはラストまで楽しめました。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王様の気質

    きむらさんの絵本ということで気になり
    借りてきました。

    一人でいたいちょっとまぬけなおおかみ
    それが偶然が重なって、王様と呼ばれるように。
    子分は1000匹をこえるですから凄い王様に。

    でも自分はそんな身分でもなければ強くもない。
    まとめる力もないと承知している。

    そこで考えたこと。
    まぬけだけれど、頭はよかったこのおおかみ
    無事元の生活に戻れました。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王様になりたくなかったオオカミ

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    王様になりたくもないのに王様になってしまったオオカミのお話。
    本当はドジなんだけどカッコつけたいオオカミは、できれば一人で生きていきたいと思っています。だけど崖から落ちてしまったとき、偶然にもたくさんの動物を気絶させてしまい、それを見ていたたくさんのオオカミたちから尊敬され、子分にしてほしいと懇願されます。
    はっきり断れず、小さなつぶやきも違う方向に解釈され…いつの間にか子分はもっともっと増えてしまっていました。
    オオカミはいったいどうするんだろうと、ワクワクしながら終盤に突入することができ、子供たちも食い入るように見ていました。
    少し長めのお話なので4才くらいからなら楽しめると思います。

    掲載日:2013/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 情けない?王様

    偶然や勘違いが重なって、いつの間にか大きな群れの王様になっていた、オオカミです。
    でも、本当は王様なんてイヤだったんですね・・・
    ちょっぴり情けない姿には、笑えてしまいます。
    「一匹オオカミ」なんて言葉もあるくらいですから、一人のほうが気楽でいいのかもしれませんね。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ひとりが いちばん きらくで いい」 ものすごく ドジな オオカミが なんという 運命のいたずら!

    うっかり 滑り落ちたのに信じられないことがおこったのです
    ヘビ ハゲワシ オオイノシシが のびていたのです
    オオカミは、みんなが すごい 強いから「こぶんに してください」
    みんなが ふくらんで 凄い数のオオカミがこぶんにしてくれとドンドン集まるのです
    これは 運命のいたずらとしか言いようがないですね〜
    わあ〜 なんと いうオオカミたち そして おちが なんとも このオオカミらしいのです。
    ああ、 やっぱり ひとりが いちばんさ」

    田島さんの絵がおもしろく  木村さんのお話にピッタリです(1000匹のオオカミの描き方が 田島さんらしいですね)
     
    おかしさが こみあげてくるんです
     
    オオカミも ドジな オオカミがいるんですね〜 

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット