雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

あめふりあっくん」 みんなの声

あめふりあっくん 作・絵:浜田 桂子
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年02月
ISBN:9784333023639
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,698
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • なきむしあっくん

    園に通い始めた頃、我が子は泣きませんでしたが、

    よその子は、毎朝泣いている子もいました。

    お母さんも泣く子と離れなきゃいけないので、

    毎朝つらそうでした。

    このお話のあっくんもお母さんと離れた後

    いつまでも泣いてます。

    みんなは遊んでいるのに土間で靴も脱がず

    ずっと泣いています。

    まわりの子の奮闘ぶりを見てほしいです。

    子どもはみんな優しいですね、そう思いました。

    掲載日:2016/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙の力

    このお話は、保育園に行くのにお母さんと離れて寂しい思いをして泣いているあっくんという男の子のお話でした。このあっくんの涙がすごくて突然降ってきた雨と涙と雨の競争!!結果はあっくんの涙が雨に勝利!天気も晴れてあっくんの顔も晴れ晴れ!!この涙の力はすごいですね。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入園当初

    ママと離れて泣き出す、あっくんです。
    入園直後には、こういった光景が毎日のように見られたなー。
    などと、懐かしい気分になりました。
    素晴らしかったのは、泣いているあっくんを、誰も注意したり、からかったりしていないことです。
    泣いていても受け入れてもらえる。
    そんな安心感がありました。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入園当初

    ママと離れて泣き出す、あっくんです。
    入園直後には、こういった光景が毎日のように見られたなー。
    などと、懐かしい気分になりました。
    素晴らしかったのは、泣いているあっくんを、誰も注意したり、からかったりしていないことです。
    泣いていても受け入れてもらえる。
    そんな安心感がありました。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちのあっくんもお気に入り

    うちの息子の愛称は「あっくん」
    子どもながらに自分のお話という認識があるのか、大のお気に入りで何度も何度も読みました。
    読み込むうちに「ひなちゃんが、よしよし、しとぉなぁ」「しょうちゃん、タオル」とこちらより先に子どもたちの様子を実況中継したり、
    ラストの元気になったあっくんが園庭で遊ぶシーンでも、子どもたち一人一人を指差して、名前を言えるようにまでなりました。
    最後は、裏表紙のあっくんの姿を見て「あっくん、良かったね」で締めくくり。
    クスリと笑って、ホロリと泣ける保育園のリアルストーリー。
    ストーリー性のある絵本を息子と楽しめるようになったことも嬉しい、私にとっても思い出の1冊です。

    掲載日:2014/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 園でよくある

    園ではよくあることですね。行きたくないとかさみしいとか、いつもだれかが泣いています。あっくんもいっしょですね。みんながなぐさめるけど、なかなかおさまらない。でも、それをマイナスととらえずに、雨と涙の競争!って楽しんじゃう園児がいいなーとおもいました。真剣さもいるけどユーモアもひつようですよね!

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日常にある出来事

    3〜5歳児に読みました
    「じぶんが泣き虫だと思う人?」・・・何人かが手をあげます(なかなか正直)
    でもほとんどの子どもは「ちがうよ〜」と口々に言ってます
    じゃあこの絵本は・・・「あっくんです」といって読み始めると・・・
    みんなは真剣に絵本を見つめます
    どうやらここは小さな子供もいる保育園らしいです
    なにかにつけて、泣きわめくあっくんに「わがままだな〜これじゃだめだよ〜」と言ってます
    女の子たちにてるてるぼうずをつけられた時は、見ていた子供たちは一斉に笑い出しました
    雨ふりと対決のあっくんの豪快な泣くシーンは迫力でした
    子供の世界では日常にある出来事がお話なのですっかり見入ってましたね
    読み聞かせにお勧めです

    掲載日:2013/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白くて、あったかいお話です

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子4歳

    泣いてるあっくんに、みんな優しく慰めにきてくれます。
    その慰め方が可愛くて、面白くって、大爆笑でした。

    こんど、幼稚園でないている子を見かけたら、こんなふうに優しく接してくれるといいな、とちょっと期待したりしてます。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子があっくんと重なります

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    保育園に子供を預けている母親としては、かわいいような、切ないような、でも最後にはほほえましく感じる絵本です。
    朝、ママとの別れが寂しくて泣いちゃうあっくん。
    大きいお友達はもちろん、あっくんより小さな赤ちゃんまで、あっくんを慰めている様子が、保育園ならではという感じで、私は好きです。
    うちの長男も0才の入園から、4才まで朝泣くことがありましたから・・・。息子より小さな子たちに「なんでないてるの?ままがいいの?」と聞かれることも多々でしたから・・・(苦笑)あっくんと重なります。
    でも、泣いている子たちも、このあっくんのように、みんなの応援と、明るい太陽に元気をもらって泣き止んで、楽しく遊んでるんでしょうね。保育園の様子がひしひし伝わりました。

    掲載日:2011/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 働くお母さんの正念場

     保育園の朝。
     「ママがいっちゃたよう」と泣いているあっくん。
     ちいちゃいお友だちから、お兄さんまでなぐさめに来てくれるのですが、とにかく泣きやみません。
     と、空から雨が降ってきて…。
     
     働くお母さんの正念場ともいえる、保育園通い。
     子どもさんも寂しく悲しいけれど、お母さんが一番辛いと思います。

     でも、この絵本を読むと、お子さんは泣いてばかりじゃないようです。
     あっくんの気持ちに寄り添い、励ましてくれる小さいお友だちがたくさん。
     こどもの気持ちは、こどもが一番良く理解できるのかもしれません。

     保育園の中で、遊びながらけんかしながら学べる社会性。
     親には伝えられない事がたくさんある素敵な場所と、視点を思い切って変えて、明日の朝は「行ってくるね」とお子さんに手を振れる、そんな一冊でした。

    掲載日:2010/02/08

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット