ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
こだぬき、ぽんたとばけくらべ!ばけたくんはかてるかな〜!?

くれよんぐるぐる」 みんなの声

くれよんぐるぐる 作:まつながあき
絵:はやしるい
出版社:くもん出版
本体価格:\800+税
発行日:2009年02月
ISBN:9784774315713
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,323
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • イメージがふくらむ

    赤、青、黄色のクレヨンでぐるぐる、
    イチゴになったり雨になったりおひさまになったり…、
    思わずクレヨンを手に取りたくなる絵本です。


    ただただクレヨンをぐるぐるしただけのように見えても、
    そこに少し点や線、形を加えるだけで、
    生き物になったり食べ物になったりどんどん世界が
    作れるということに気付かせてくれます。

    何か描こうとするのでなく、まず描いてみてから
    後で意味づけする時期の息子にもぴったり。
    お絵描きが好きなので、こんなふうに
    線からお話を作ったり、少し周りの世界を作ってあげたり
    して想像を膨らませながら親子で一緒に楽しみたいと思いました。

    子どもが楽しくお絵描きできるヒントが
    いっぱい詰まっていると思います。

    掲載日:2012/03/31

    参考になりました
    感謝
    1
  •  くれよんで「ぐりぐり」「ぐるぐる」と無造作に描いたものが、次のページでステキに楽しく 変身しているのが、面白かったです。

     色や可愛い絵、擬音語を楽しめる赤ちゃん絵本ですが、「何になると思う?」と問いかけて、読み聞かせ会などで、参加型絵本としても楽しめるな、と思いました。

     読んだ後は、くれよんでお絵かきがしたくなる絵本です。幼稚園や保育園で、お絵かきの前に、読んであげるのもいいですね。

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐるぐる変身

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    うちの4歳の息子も、今でもいろんな色のクレヨンでぐるぐるした絵を描いて、「これ、○○だよ〜」と言って見せてくれることがよくあります。言ってるものに見えるときもあれば、すごい想像力だなと思わせるほど似ても似つかないものだったり…
    クレヨンでぐるぐるの絵って、大きくなっても楽しいもののようです。
    クレヨンぐるぐるで描いた絵が、いろんなものに変身するのは見ててとっても面白いです。それを親子で予想するのも楽しいですね。
    お絵かきの楽しさを教えてくれるはじめの一歩の絵本として、赤ちゃんにぴったりですね。

    掲載日:2017/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでも描いてみよう

     ぐりぐりぐり、というのがクレヨンぽいですね。小さな子どもは、なんでもいいから、クレヨンで描いてみるのが楽しいんですよね。
     子どもが描いたものに、ちょっと描き足すと、もっとおもしろくなるヒントがあります。いろいろなお話しもはずみそう。

     リズミカルな文章も、読んでいると、クレヨンをもちたくなります。子どもといっしょに、想像力いっぱいのお絵描きを、楽しみたいです。
     クレヨンのおもしろさが、つたわってくる絵本でした

    掲載日:2017/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • クレヨンぐるぐるしてできてくるのは何かな、と予想しながら読めました。

    おえかきしながら読んだら、なんとなく空間イメージがつきやすいような気がします。

    0-4歳くらいに合っていそうですが、園児でも良いように思います。

    絵も子供が好きになりやすい絵でした。

    掲載日:2017/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 創造性が高まりそう

    クレヨンをぐるぐるぐりぐりするだけ、、、でも、いろんなものになっていきます。

    何になるか 想像できて、クリエイティブになれそうですね。

    未就学児向けなので、 うちの9歳児には簡単すぎましたが、幼稚園に入る前に読むには良いと思われます。

    クレヨンで絵を描きたくなってしまう絵本でした。

    掲載日:2017/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で楽しく★ 受賞レビュー

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子16歳

    親子で楽しく遊べる絵本です。

    赤のくれよん。
    ぐりぐり ぐりぐり 
    何に見える?

    緑の葉をつけたら、いちごになった!

    いろんな色のくれよんで、ぐるぐるしただけの絵に、
    ちょっと手を加えるだけで、
    いろんなものに見えてくる。

    想像の世界ですね。

    親子で一緒に楽しめそう。
    子どもの絵に、ちょっと親が手を加えるだけで、
    素敵な絵になる。

    きっとこの絵本を読んだお子さんは、
    くれよんで描きたくなるでしょうね。

    いっぱい、コミュニケーションが出来ていいなって思います。

    掲載日:2017/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • お絵描きしてみよう

    ただぐるぐると描いたものが、イチゴや太陽に変身。
    我が家の子供達も小さい頃、よく、ぐちゃぐちゃと適当に描いたものを「何に見える?」と言ったりして楽しんだことを思い出しました。想像力が養われますね。
    そういえば、小さい頃はあんなに好きだったのに、最近あまり絵を描かなくなってしまった気が・・・これを機に、また子供達と「ぐるぐる」とくれよんでお絵描きしてみようかなと思いました。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルなイラストに息子も夢中でした

    10ヶ月の息子は表紙のぐるぐるを手でなぞっていました。
    シンプルでさくっと読める本ですが、イラストはカラフルで可愛くて、息子は何度もページをめくって見ていました。
    息子がクレヨンが握れるようになったら、こんな感じでぐるぐると夢中でお絵描きして楽しむんだろうなぁと楽しみになりました。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供が喜びそう!

    すごく発想が可愛らしいというか素敵だなって思いました。
    クレヨンを初めて持ってお絵描きをするころの子供にぴったりな気がしました。
    初めは誰でも結構ぐちゃぐちゃと書いてみたりぐるぐると丸っぽく書いてみたりすることから始まると思うのですが、本当にその子供らしい初めてのお絵描きをちゃんとした絵にしてくれる、そんなワクワクを体験できる絵本だなって思いました。
    子供が初めて書いた線とか丸とかにちょっと付け加えるだけでこんなに違う物になるなんて、というか違う物にしてしまう発想がすごく良いなって思いました。今度生まれてくる子供がお絵描きを始める頃のためにこの1冊はすごく良いヒントになりそうだなって思いました。この1冊を持っていたら子供にとってもお絵かきがもっと楽しくなりそうだし、もっとクレヨンでお絵描きを一緒に楽しめそうだなって思いました。

    掲載日:2017/04/20

    参考になりました
    感謝
    0

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ドームがたり』読み聞かせレポート

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット