ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ラッセとマヤのたんていじむしょ サーカスのどろぼう」 みんなの声

ラッセとマヤのたんていじむしょ サーカスのどろぼう 作:マッティン・ビードマルク ヘレナ・ビリス
絵:マッティン・ビードマルク ヘレナ・ビリス
訳:枇谷 玲子
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,100+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784072606520
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,753
みんなの声 総数 1
「ラッセとマヤのたんていじむしょ サーカスのどろぼう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 必死に犯人探し

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    小学生のラッセとマヤの探偵団シリーズ。
    今回初めて読みました。
    第3弾となるこのお話は、サーカスを舞台にした、スリ犯を捕まえる内容です。

    小学校中学年くらいから楽しめそうです。
    主人公の探偵2人も小学生なので、自分たちが探偵になった気分が味わえるかもしれません。

    犯人探しですが、大人気ない私はやっきになって当てにいってました。笑
    これが面白いことに、怪しい容疑者であるサーカスの団員みんなが・・・怪しくないんですよね。
    もしかしたらサスペンスドラマの見すぎでしょうか?笑

    犯人当てはさておき、その犯行の手法、そして動機は意外なものでした。
    ちょっとホロリとさせられてしまう場面も。

    そして、犯人に対する警察署長の粋なはからいに、いい気分で結末を迎えることができました。

    掲載日:2009/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


困っているぼくのところに本物の神様が!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット