おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

特急おべんとう号」 みんなの声

特急おべんとう号 作・絵:岡田 よしたか
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784834024081
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,567
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 教室は大爆笑!

    三つのお話から構成されている本です。
    そのうち「全日本おべんとうマラソン」を小学校3年生の読み聞かせボランティアで読みました。

    お弁当のおかずやご飯のマラソン大会。
    え?これ、お弁当のおかず??というものまで登場して、てんやわんやの展開に。

    実況アナウンサーになったつもりで読みました(笑)。
    ランナーのおかずたちのセリフが関西弁なのも、小気味良いテンポで面白さに拍車がかかります。

    子供たちの食い付きはかなり良かったです。
    読み聞かせでこんなに声を立てて笑ってもらえた本は初めてでした。
    ゴール間近になると、「納豆、ガンバレ〜!」の声援まで上がりました(^○^)
    読みおわったあと、「もっと読んで〜〜」の声もあり、読み聞かせをする者にとってはうれしい反応でした。

    掲載日:2009/11/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • お弁当が食べたくなります

    三つのどのお話も、食べたくなって困りました(笑)大阪弁の楽しい解説にも凄く笑えて楽しかったです。たべものの話は凄く幸せになれるし、奇想天外の面白い話に、単純に心から笑えます。絵が、凄く美味しくて直ぐに食べたくなるのが、ちょっと辛い(?)かなあ・・・・・・・
    お弁当が無償に食べたくなりました。

    掲載日:2016/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいです!!

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。
    「ちくわのわーさん」「うどんのうーやん」などの岡田よしたかさんの作品だったので、
    ワクワクしながら読みました。

    “全日本おべんとうマラソン”
    “ねこ大災難”
    “特急おべんとう号”
    の3話で構成されていますが、
    どのお話も、まさに奇想天外、ありえないっ!!(笑)

    お弁当のごはんやおかずによるマラソン大会?!
    ナゾの巨大金魚?!
    そしてマラソン大会のご褒美の遠足?!

    どのお話も娘たちと笑いました。
    長女も次女も、第二話のわけのわからないネコ語と
    第一話と第三話に出てくるおかずじゃない人(?)たちに大笑いしていました。
    まさに岡田ワールドですよね〜!!

    「ちくわのわーさん」などがお気に入りの方には絶対ヒットすると思います。
    絵本みたいな児童文学で、あっという間に読めちゃいました。
    ナンセンス好きのご家庭にオススメです!!

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえないっつうの!

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    「ちくわのわーさん」でお馴染みの岡田よしたかさんの創作童話。
    2009年に発行されて以降、注目していた人です。

    なんといっても、たべものがマラソンしたり、
    たべものが遠足で電車に乗ったり・・・って、ありえないでしょう!?
    どこからか、不謹慎な!!!なんて声が聞こえてきそう。

    3話集録されています。

    『全日本おべんとうマラソン』では、おべんとうのごはんやおかずさんによる
    世界ではじめてのレースが行われます。
    (そりゃあ、初めてなのが当たり前でしょう!)
    それを、関西弁で実況中継しながら話が進んでいくんですが、
    どうして、関西弁にすると面白おかしくなるんでしょうね。
    そしていつの間にか力が入ってしまいます。
    だいたい、おかずがしゃべるはずがないし、ましてやひとりで動くことないはずなのに・・・
    この常識離れしたストーリーがつぼにはまると、
    たべものたちが、本当に生きてるみたいに勘違いしてしまいます。
    さて、一位になったのは?
    納豆!・・・って、お弁当に入れる?
    ひとりで突っ込みを入れてしまいました。

    2話目は、『ねこ 大災難』
    ねこが、金魚鉢の金魚に手をかけようとして、
    巨大な金魚に追い掛け回されるというお話。
    巨大な金魚の迫力にはびっくりです。
    本当に、ねこ大災難です。
    ねこも悪いんだけど、かわいそうになりました。

    3話目は、1話目の続きの『特急べんとう号』
    おかずたちのごちゃごちゃぶりには、少し慣れてきましたが、
    相変わらず、てんわやんわの大騒ぎで、
    なんでやね〜んと突っ込みいれながら、腹をかかえて笑えました。

    それにしても最後のオチ。
    ちょっと、食べたないな〜って思いました。

    全ページカラフルな挿絵が入っていて、
    どの子でも楽しめること請け合い。

    ユーモアたっぷり、奇想天外な発想に脱帽です。

    掲載日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなおかず、見たことない!

    12歳のお兄ちゃん、8歳の娘ともに気に入ってくれた一冊です。
    お話は、『全日本おべんとうマラソン』『ねこ 大災難』『特急おべんとう号』の三本立てになっています。

    おなじみのお弁当のおかずや、ごはんのおかずが終始大活躍します。
    特に『全日本おべんとうマラソン』はマラソンの実況中継という形で進んでいくのですが、「誰が勝つんだろう!?」と読んでいるこちらまで手に汗握ってしまいます。
    関西弁のセリフがいい味出してますよー。

    おかず達はちょっと一休みで出てこないのですが、個人的には第二話の『ねこ 大災難』に出てくる猫がなんだか憎めなくてお気に入りです。

    すべてのページにカラフルな挿絵が入っているので、幼年童話というよりは、文章が長めの絵本という感じ?
    漢字にもふりがながついているのでお子さん一人でも読めますし、お母さんが読んであげれば子供達の笑いがとれること間違いなしです(笑)

    掲載日:2013/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 児童書をあまり読まないお子さんにも

    タイトルや内容から息子が好きそうだと思いました。

    全部この『特急おべんとう号』のお話かと思ったら、三話収録されていました。

    絵がふんだんでそれも前ページカラーです。

    食べ物が主人公のお話なので、系統的にはかがくいひろしさんの絵本に似たものを感じました。

    関西弁で話に勢いもあります。

    読んだ感じでは、児童書を読み慣れていないお子さんにも手にとって読んでもらえるようにしているのかなということを感じました。

    これで弾みがついて、児童書ってむずかしいと思っていたけれど、おもしろいと思って次の読書へと進んでいってくれるといいなあと思います。

    掲載日:2011/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 童話なんだ〜。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    この本は、サイズは幼年童話の作りですが、
    全ページカラー、しかも「字」より「絵」が多く、
    幼年童話の作りをした「新しい絵本」?とまで思ってしまいました。
    でも、作品紹介のところを読んだら、「創作童話」だそうです。

    うちは上と下の両方に読んでみたのですが、
    低学年向けの幼年童話にもかかわらず、
    下の子は「ふ〜ん」くらいな感想だったのに、
    上の子はウケまくり…。(上の子の姓年齢が低いのかな?)
    かわいそうな猫を悲惨がって、笑っていました。

    私も、「お弁当たち」よりも、途中から参加した猫(そして第2話主役)が印象的でした。

    読み終わった感想は、これは各話を切り離して、
    普通の絵本サイズ(A4かA3)にし、シリーズ3部作にした方が、それぞれの話が立って面白いんじゃないかと思いました。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愉快なお話でした

    遠足のお弁当などに入っている定番おかず達。
    卵焼きにしゃけに・・・・・
    そんなおかず達のマラソン大会など
    想像を絶するお話が3話もありました。

    おかず達がいろいろ話をしているのですが
    関西弁だったり、それだけでも
    なんでや〜〜〜と面白かったです。
    最初子供は何?って様子でしたが
    最後の方では盛り上がっていました。

    お弁当が大好きなお子さんにオススメです。

    掲載日:2009/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 単純に笑えます

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    おべんとうのごはんやおかずがマラソン大会であらそう「全日本おべんとうマラソン」。
    巨大な金魚に猫が追い回される「ねこ大災難」。
    おべんとうのごはんやおかずが遠足に出かける「特急おべんとう号」。
    3つともユーモアたっぷりで楽しむことができるお話です。

    なかでも、「おべんとうマラソン」はみんなの必死振りがとても笑えます。
    それぞれの特徴を生かしたパフォーマンスもお見事。
    続出する乱入者でドタバタ感いっぱいですが、白熱した雰囲気が伝わってきて気持ちも高ぶってきます。
    優勝したのはまさかの○○○○。
    天気が幸いしましたね。

    「ねこ災難」でのねこ語もどこかの外国語のようで楽しいです。

    何も考えずに笑うことができる、楽しいお話でした。

    掲載日:2009/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット