十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

バーバパパときえたこぐま」 みんなの声

バーバパパときえたこぐま 作:アネット・チゾン タラス・テイラー
絵:アネット・チゾン タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2000年02月
ISBN:9784062707534
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,966
みんなの声 総数 11
「バーバパパときえたこぐま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • くまっぽい?

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    バーバモジャがおかあさんクマにコグマと間違えられて連れてかれてしまうまさかの展開.大ピンチです.モジャモジャのバーバモジャが仲間に見えちゃうんですね.「おかあさんクマ,よく見て!」と思います.
    けれど,このとりちがえのおかげで,無事コグマも助けることができたし結果オーライでしたね.バーバモジャはとんだ災難でしたけどね.
    ママにぎゅーっとされてうれしそうなバーバモジャとコグマがかわいかったです.

    掲載日:2016/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 間違われたバーバモジャ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ヒマラヤへ行くバーバ一家。
    毛があるからバーバモジャは寒さには強いようです。
    毛があるからかくまのおかあさんにくまのこどもと間違われてしまうバーバモジャ。
    いくら毛があってもこぐまとバーバモジャって似ているかなー?自分の子を間違えないで、おかあさん!とちょっと思ってしまいました。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもを間違えちゃうなんて!

    雪の割れ目に落ちたこぐまと近くにいたバーバモジャを間違えて洞穴に連れて帰ってしまうくまのお母さん。

    モジャが怖がってもぜーんぜん気がつきません。こぐまとモジャ、ぜんぜん似てないのに……。大人にとっては?でも、子どもにとっては受け取り方が違います。「まちがえちゃったよー」「モジャかわいそう」とのめり込んで読んでいました。

    いなくなったモジャを見つけて、バーバママが子どもの交換を提案します。無事に本当のお母さんに会えてよかったね。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おっちょこちょい

    「むかし くまさん いました」「ぶらんこ いっしょに のっていました」
    なとど言いながら一人で絵を読んでいました。
    バーバパパは好きなキャラクターで、モジャが一番好きなので熱心に見ています。
    モジャとこぐまを間違えたというのはかなり無理な気がしますが・・・
    おかあさんぐま、おっちょこちょい過ぎです。

    掲載日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • バーバモジャ災難だったね

    バーバモジャとんだめにあったね!

    災難だったね!

    くまのおかあさんのそそっかしさに呆れました(?)

    自分の子供を間違えるなんて、ちょっと納得いきません・・・・・

    どうなるのか心配でしたが、無事にくまのこが救出できてよかった

    です。割れ目に落ちたのでどうなるのか不安でしたが、バーバララに

    助けられてよかったです。

    家族一丸となってみんなで協力があったから助けられたと思いました。

    やっぱりバーバママは、助けを求めるバーバモジャの声が聞こえるの

    で凄いと思いました。母親だからこそ出来た子供どおしの交換だと思い

    ました。どんな時でも子供のことを心配する母親は、強いなあと思いま
     
    した。バーバパパシリーズの他のも読んでみたいです。

    掲載日:2009/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママの機転

    バーバパパ一家はヒマラヤに来ています。割れ目に落ちてしまったこぐま。こぐまのお母さんは、バーバモジャを自分の子どもと間違えて連れて帰ってしまいます。

    自分の子どもを間違えるなんてありえないという感じですが、バーバモジャは毛がいっぱいというところで、こういうお話になったのでしょうね。

    今回はバーバママが活躍します。慌てずに機転で切り抜けるところはさすが。欲を言えば、何かに変身して助けてほしかった気もします。変身場面がなかったのが少し残念です。

    掲載日:2007/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい・・・

    ビデオで先に見てしまったこのお話。
    ラストも知っているのに
    モジャが間違われて連れて行かれるシーンに
    娘は毎回大慌て!!
    そんな娘の反応がかわいくて
    笑って抱きしめたくなってしまう私です。
    親バカですみません(汗;)

    掲載日:2006/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • バーバモジャが主人公♪

    • さえさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    我が家の息子=バーバモジャ=なのです。
    バーバパパが大好きになってから 自分はバーバモジャだといっています(笑)

    そのバーバモジャがヒマラヤでキャンプをしている中、一人絵を書くため バーバファミリーと離れた場所で・・・
    偶然にも近くの氷の割れ目に落ちてしまったヒマラヤぐまの子供と モジャが 熊ママに間違われてしまいます(モジャのけがもじゃもじゃだから!)

    絵本を読みながら私が『大変!』って言っていたらば
    流石 子供思いのバーバママには『どこかでモジャがないてやしない?』ってカンのするどさ!!
    ママの愛情と機転のおかげでモジャは無事救出!
    あ〜良かった♪
    やっぱりママはすごい))

    バーバモジャの我が息子を抱きしめながら絵本の最後は締めくくる『お約束』になっています(笑)

    掲載日:2006/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • モジャとママ

    バーバの子供達の中でも、
    うちの息子がひときわお気に入りなのが、バーバモジャ。
    その変わったモジャモジャのところがいいのか、
    性格がちょっと面白いところがいいのか。

    そこで、彼の大好きなバーバモジャの話を読んでみました。
    やっぱり大うけ。

    くまがバーバモジャを子供とまちがえて、連れて行ってしまいます。
    でも、バーバママはあわてず、おちついて、
    くまの子供を連れてきて、交換しません? と持ちかけます。
    素敵ですね、バーバママ。
    本当に頼りがいのあるお母さんです。

    子供がバーバモジャ派なら、私は、バーバママ派かな?

    掲載日:2006/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい子供、間違えないで〜!

    • サラミさん
    • 20代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子3歳

    動物となかよしになる特技をもつ、と別のおはなしでも紹介されていたバーバモジャ。趣味の絵画に没頭していたら、その特技が災いしてたいへんなことに巻き込まれてしまいます。
    氷山の割れ目に落ちてしまったこぐまと間違えて、お母さんぐまにつれていかれてしまうのです。最後にはバーバママが、母親どうしならわかりあえるわ、と子供の交換にいくのですが、くまさんママ、大事な子供をまちがえてるのに気づかないなんて...。お母さんなら絶対まちがえないですよね(笑)。それぐらいモジャが動物たちの心をとらえるのが上手ってことでしょうか?
    なかなかテンポのいい、たのしいお話です。

    掲載日:2004/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット