十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

王さまの竹うま」 みんなの声

王さまの竹うま 作・絵:ドクター・スース
訳:渡辺 茂男
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784033480800
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,202
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 躍動感ある挿絵

    ドクター・スースの挿絵が大好きで、いろいろと読んでいますが、こちらも面白くて大好きなおはなしです。
    働き者のバートラム王の楽しみは竹馬あそび。でも遊ぶのも笑うのも嫌いなドルーン卿に竹馬を隠されてしまって・・・
    ドクター・スースの躍動感ある挿絵がおはなしにスピード感を与えている気がします。白黒に赤色が効いていて素敵でした。

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくりしました

    あさ早くおきて、おふろの中で、しごとをするから、王さまは、大へんだなあとおもいました。

    王さまは、竹うまがたのしみだったので、びっくりしました。

    大人なのに、子どもみたいとおもいました。

    ガウンをきたエリックのかっこうが、おもしろかったです。

    かおは、子どもなのに、たけうまにのってるから、せだけ、たかくて、すごいとおもいました。

    ドルーンが、いつもニザードをたべさせられるから、おもしろかったです。

    ニザードのハヤシライスって、そんなものまであるのに、おどろきました。

    どんなあじかなあって、おもいました。

    掲載日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • アメリカで50年以上も読み継がれている

    題名に引かれて借りてみたのですが、とてもおもしろいお話でした。

    ドルーンが受けた罰もおもしろくて、息子と笑いました。

    王様が竹馬好きというのは、異色ですが、公務はしっかりやっているので、このぐらいは大目に見てあげたいです。

    光吉さんの訳の本もあるようですので、そちらもぜひ読み比べてみたいです。

    絵本としては、少し長めですが、展開もおもしろかったし、何よりもエリックの勇気に感動しました。

    上に立つ人の器量や意識が、こんな風に国民に影響することを思うと、国政運営の大切さも改めて思いました。

    アメリカで50年以上も読み継がれているというのも納得です。

    ぜひぜひ読んでこのおもしろさを味わってください。

    掲載日:2009/04/28

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット