しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。

そらまめくんとながいながいまめ」 みんなの声

そらまめくんとながいながいまめ 作:なかや みわ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\838+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784097261926
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,082
みんなの声 総数 86
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

86件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 今回も、安心ほのぼのハッピーエンド。

    • もももももさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    なかやみわさんの絵本は、どれもこれも、「安心でほのぼのハッピーエンド」なので、親として読んでも安心しますね。

    「そらまめくんのふわふわベッド」が大好きな息子が、自分で図書館で選んで来ました。
    恥ずかしながら、さんじゃくまめ、という種類の豆を知りませんでした…ワタシ。絵本をめくりながら、子どもと一緒になって「ワー!長いなあ!」とびっくりしてました…。

    そらまめくん、皆から羨望の的のご自慢ベッドなのにすっかり自信をなくしてしまいそうになるけど…という展開のあたりで、息子は心配そうにしていましたが、やっぱり最後はハッピーエンド。よかったよかった…と親子で安心しました!

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 愛らしい

    • はやつぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    そらまめくんシリーズは絵もとっても可愛いし、内容も分かりやすいので幼稚園から楽しめると思います。娘はこのそらまめくんのふわふわべ
    ドがお気に入り。おまめの種類も自然に興味が持てるし、可愛らしいお勧めの絵本です。

    掲載日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • そらまめくんシリーズが大好きです。こちらははじめての競争で、いままでと感じが違いました。ながいながいまめたちのベッドには、どのページでもびっくりして読んでいました。途中心配してしまうシーンがありますが、最後にはよかったねーとみんなでハッピーエンドになります。いつもながら、子供に安心して読めるお話でした。

    掲載日:2017/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ベッドノくらべっこ

    さんじゃく豆の兄弟たちを見つけたそらまめくんたち。
    初めは、これはなんだろうとどんどん引っ張ります。
    昼寝を起こされてしまった、さんじゃく豆の兄弟たちと
    そらまめくんたちの、ベッド競争が始まりました。
    長い長いさんじゃく豆のベッドは、なかなかすごいですね。
    でも末っ子ちゃんがおぼれかけて、みんなは助けて介抱に力を注ぎます。
    さんじゃく豆の兄弟たちともすっかり仲良くなったみたいで
    そら豆くんのふわふわベッドはやっぱりすごく快適です。

    掲載日:2017/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルもおもしろいですね

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    3歳ころから愛読しているそらまめくんシリーズです。
    タイトルを見て、どんなストーリーだろうとわくわくして読みました。
    この本ではさんじゃくまめが出てきます。私も初めて知りましたが、ながーいお豆があるんですね。さんじゃくまめのベッドを使った遊びは本当に楽しそうで、娘が「やってみたーい」とあこがれていました。そして、さんじゃくまめの末っ子が水に落ちるシーンでは「あぁ」と心配そうにしていました。最後はやっぱりハッピーエンド。よかったよかった。親子でほのぼのした気持ちになれる本です。

    掲載日:2016/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても長い!

    6歳次女に読みました。

    そらまめくんたちが見つけたもの。それは「さんじゃくまめ」という長ーい長ーい豆の皮。さんじゃくまめとそらまめくんのベッド、どちらがすごいか競争が始まるのですが、さんじゃくまめは長さが長いので、滑り台もすごいし、川もあっという間に渡るというより、橋をかけちゃう(笑)このままさんじゃくまめに負けちゃうのかな?と思いきや、最後は良かったー!「すごーいすごーい」と次女の声が響いていましたよー。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • すばらしい!

    ながいながいまめのベッドも使い方次第で便利ですが、やっぱりそらまめくんのベッドが一番ふわふわしていて気持ちよさそうで、適度な大きさで扱いやすくて好きだな〜と自分は思ってしまいました。子どもはどっちも好きなんだとか^^

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • そらまめくんチームを応援する娘!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。
    娘の大好きなそらまめ君のシリーズ。
    今回は「さんじゃくまめ」チーム vs そらまめ君チームの対戦?とあって、
    娘はかなり熱くなっていました。

    丘を駆け下りるシーンも、
    「そんなのずるいよ!
     ソラマメ君たちがさきに出発したんだから!」

    池を渡るシーンも、
    「そんなのズルだよ!」と、
    かなりそらまめ君たちの肩を持つ娘。

    と、さんじゃくチームにアクシデント発生して、
    持ち前の優しさ発揮のそらまめ君たち。

    ちょっとした優しさがあれば、世界から戦争もなくなるのにな、と
    そんなところまで考えが発展してしまう絵本です。

    ところで「さんじゃくまめ」って、メジャーなお野菜なのだろうか?
    私は聞いたことも見たこともなくて、
    ネットで調べてしまいました。

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • さんじゃくまめ

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳9カ月の息子におばあちゃんがプレゼントしてくれました。

    そらまめくんシリーズはよく本屋さんや図書館で見かけていたものの、ちゃんと読むのは初めてでした。
    可愛い、ほのぼのとした絵本ですね。
    このお話で初めてさんじゃくまめという豆を知りました。
    息子も気に入った様で読んで欲しいと持ってきます。

    他のお話も読んでみたくなりました。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成長を感じる

    4歳の息子と読みました。
    三尺豆って初めて私も知りました。

    さやが長いと、こんな風にいろいろ楽しく遊べそう。
    息子は滑り台みたいにしたところが気に入ったようでした。
    水に落ちてしまった末っ子さんじゃくまめを、
    そらまめくんはすぐに自分のベッドに寝かせてあげたんですね。
    なんて成長したんでしょう。
    そして、そういえば、ほかの豆仲間とも仲良しになりましたね。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

86件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おこづかいの見方が変わるかも!?親子で楽しめるお金絵本

みんなの声(86人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット