モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

青空のむこう」 みんなの声

青空のむこう 作・絵:アレックス・シアラー
訳:金原 瑞人
出版社:求竜堂
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784763002112
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「今」と「命」を大切にしたいと思える本。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    中3の娘と一緒に読みました。

    突然の交通事故で亡くなってしまった少年ハリーが
    死者の国から地上に舞い降り 心残りを解決しようとします。
    ハリーの心残りとは 
    お姉ちゃんとけんかして仲直りをしていなかったことです。
    死というものは 大抵の場合突然やってくるものだと思います。
    そう考えると 毎日を(この一瞬を)一生に一度だけのものと意識し
    大切に生きなくては…と思えてきます。
    娘もそう感じたようです。
    特に人との関わりについては 
    一期一会の気持ちが大事なのだと改めて思いました。
    それから ハリーを失った両親が悲しみに暮れている場面は
    親としての立場から胸が締め付けられる思いで読みましが
    この本を読んだ子どもにとっては
    命の大切さ、尊さを 
    おおいに感じることが出来る部分だと思います。
    また、魂の最期について このお話の結末のよう考えられたら
    亡くなった人をいつでも身近に感じられそうでいいですね。
    自分の魂の行き先もそうだったら嬉しいなぁとも思いました。

    小学校高学年位から読めそうです。

    掲載日:2009/03/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 友だちやきょうだいとケンカしたときに読んで

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    上の子にいいなと思って、前から目をつけていて、やっと図書館で借りてきましたが、なんと!上の子は中学の時学校図書館で読んでいたそうです。
    その代わりといってはなんですが、机の上に出しっぱなしにしていたら、下の子(今小6)が何気なく手を出し、そのまま宿題もせずに一気に読み切ってしまいました。
    読み終わった後、目を赤くしていました。
    上の子が言うには(部屋が一緒)読みながら泣いていたそうです。

    宿題を先にやってほしかったのですが、
    いい本を大人から無理強いされることなく、自分の意志で手にして読み、その内容に素直に感激して涙を流してくれた娘の成長が、実はとてもうれしかったです。

    さて、この作品はイギリスの作家アレックス・シアラーの邦訳本第1作です。訳者は「金原瑞人」さんで、この方はヤング向けの児童書を結構手がけていらっしゃいます。

    表紙の装丁は内容にイメージにとても合ってます。
    「死んだらどうなるの?」
    人間、生きているとが一度は気になることではないでしょうか?
    ここに描かれている『死後の世界』が本当にあるかどうかはわかりませんが、
    希望として、私自身も、こういう世界があってほしいと思いました。
    故人は、こういう『死後の世界』で、その時生きてきた気持ちをしっかり清算して、『新しい生』に向かって動き出せるといいなぁと、つくづく思いました。
    主人公のハリーが10歳から12歳くらいの男の子らしいので、
    できたらハリーと同じくらいの年頃のお子さんから、中・高生の子どもたちにお薦めしたいです。
    できたら、友達と仲たがいをしてしまったときとか、きょうだいゲンカをしてしまって、誤るきっかけが持てないときに、この本を読んでみてください。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット