もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

子ざるのかげぼうし」 みんなの声

子ざるのかげぼうし 作:浜田 廣介
絵:牧野伊三夫
出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2005年05月
ISBN:9784082990114
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,538
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かげぼうしの不思議

    浜田廣助さんのさんの絵本は泣いた赤鬼でよく知っていましたが、こんなお話を書かれていたのですね。
    かげぼうし それは 天気の時に 人間にもいつまでもくっついてきますし 走っても追いかけてきます。子供の頃のことを思い出しました。

    こんな不思議 でも 人間は、お母さんに教えてもらったり  学校で学んでいるので 影は こざるのように いつまでも くっついて困るという不思議は いつの間にか 忘れています。

    キツネさんも 一緒に付き合ってくれたんだ、きつねは、意地悪して子ざるを騙すのかと ハラハラしましたが・・・・ごめんなさい疑ってしまって!

    キツネが縄で縛ればいいとなわを持ってきたときに疑っている私でした。
     犬の考え方 犬はちゃんと知っていたんですね、 かげが 無くなる方法も
    魔よけの木とはしゃぐ 子ざる(幼いとも思いますが・・・知らなかったらこう思うのも分かります。

    「いぬさんありがとう!」とお礼を言う子ざる(疑うことのない子ざるです)

    でも 子ざるは お天気の時は木から離れられないなんて・・・(困りますよね)
    曇りや雨なら かげぼうしがついてこないことに 気づくでしょうかね

    影の不思議を人間の子はいつ頃気づくのでしょうね?

    そういえば 3才児と影踏みして遊んだことを思い出して 懐かしくなりました。

    2005年5月31日第1刷発行とある本ですから、 何だか不思議な気がしました。

    掲載日:2010/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット