しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

たこやきようちえん」 みんなの声

たこやきようちえん 作・絵:さいとう しのぶ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2009年02月
ISBN:9784591108277
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,602
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 不思議な読みごたえ

    絵本の世界では動物だってモノだって、人間のようにおしゃべり
    したり動き回ったりします。それがもう当たり前で、何の違和感も
    持っていなかったのですが、この絵本の主人公はたこやき!
    そのたこやき達がようちえんにいきたいと、たこやきやのおじさんに
    言うのです。おじさんは「そうかい!じゃあ、たこやきようちえんに
    いくと いいよ!」といって、たこやきようちえんにでんわして
    話をつけてくれるのです。
    不思議な読みごたえでした(笑)。
    この、おじさんが焼いて売って買われていって食べられてしまう
    たこやき達と、ようちえんに行くたこやき達との違いは一体どこに?
    とか、おじさんはなんで「たこやきようちえん」があることを
    知っている?とか。たこやきようちえんの「たこや きやこ」先生は、
    陸を歩いてようちえんに連れていってくれるのですが、たこなのに
    大丈夫なのか?とか。行く道々滑り台やらぶらんこやらを足(手?)を
    使って作ってくれるのですが、それならわざわざ幼稚園に行く必要も
    ないのでは?とか。
    大人の目から見るとつっこみどころ満載です(笑)。
    しかし、5歳の娘はなんら不思議がることもなく楽しく聴いて
    いたのでした。
    どこかに本当にあるのかもしれない。たこやきようちえん。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • とっても気に入りました!

    たこ焼きは息子の好物のひとつなのでこの作品はかなり気に入ったようです。

    たこ焼きたちが幼稚園に到着するまでに先生がいろんな遊具になって遊ばせてくれるところをなんども読んでと頼まれます!

    幼稚園に到着するとタコの先生が何人かいるんですが、どうもタコの色が気になるようで…このタコ先生病気かな?なんて言ってました。
    大人とは興味を持つとこも違うので絵本は本当に心を育てるのに大切だと思います。

    何度読んでもキャラクターが可愛くてとっても楽しい作品でオススメです。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白い!!の一言

    たこやきが、幼稚園に? 何とも面白い発想。
    でも、これが子供には大うけ。

    たこやき達が幼稚園に、初めて登園する日のお話。

    「たこや きよこ先生」、みんなを幼稚園に連れて行きますが、
    きよこ先生は、滑り台にもなります。

    何とも面白い絵本です。

    これから幼稚園に行く子供、年少さんに是非、読んでもらいたい
    1冊です。

    掲載日:2011/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 幼稚園に入る前のワクワクがかわいい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子5歳

    幼稚園に憧れるたこやきたちが、たこやき幼稚園デビュー!
    お歌を歌ったり、給食を食べたり、幼稚園に入る前、ワクワクドキドキ楽しみにする気持ちが伝わってきました。
    たこの先生がいたら、楽しそう!幼稚園大好きな子どもたちは、タコ焼きと一緒にたこやき幼稚園を楽しんでいました。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好き

    5歳の娘が大好きな絵本です。
    内容は3歳くらいから楽しめると思います。
    絵がかわいいですし、お話も楽しいです。
    娘は最後のすべりだいのページが大好き。
    いつも「あーあ、すべりだいでいきたいな〜」と話しています。気持ちがわかるだけについつい笑ってしまいます。

    掲載日:2016/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園に行きたい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    来年入園予定の4歳児はこのたこやきたちと同様に幼稚園に行きたがっています。
    たこやきやのおじさんがたこやきたちの保護者。入園の手配をしてくれたり、お弁当を作ってくれたり、いいおじさんだなーと思いました。
    たこやきが行くのはたこやき幼稚園。先生はたこだったり、面白いですね。
    幼稚園って楽しいなと思える絵本で子どもうけも良いです。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り

    まさかたこ焼き屋のたこ焼きが幼稚園に行くだなんて!しかもたこの先生がお迎えに来てくれます。
    色々ユニークで面白く、登園がワクワクの冒険のようです。息子は最後の滑り台のシーンがお気に入りです。あんな滑り台いーなーと何度も言っていました。

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • たこやきのエリートさんかな(笑)

    我が家は大阪在住ではありませんが
    タコ焼き器がおうちにあります。
    一時期寝ても覚めてもタコ焼き、タコ焼きと
    うるさい怪獣たちがいました。

    そんな食べておいしいたこやき達が
    ようちえんに行くなんてっっ
    どんなお話かな、とみんなで読んでみました。

    ようちえんに行ける事になったたこやき達。
    おうちを出た外の世界には、危険もありますが
    先生、お友達、新しい世界にみんなの
    顔も緊張しながらとても楽しそう。
    タコ先生も優しくて、嬉しそうでした。

    えんそくのお話もあるようなので
    そちらも読んでみたいと思っています。

    掲載日:2013/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • たこやきのフォルムも言動もかわいい!

    幼稚園入園を楽しみにしている未就園児に特におすすめです。
    たこやきたちの大きさとワクワクした気持ちはまさに年少さんになりたての園児を頭に思い浮かべてしまいます。

    おじさんが優しくたこやきたちの希望を聞き入れてくれたり、お弁当を作ったり笑顔で送ってくれたり、幼稚園って安心して行っていいところなんだと思わせてもらえるはずです。

    最後の裏表紙で謎の野良犬と無事和解できたような絵が描かれているのもホッとしていいですね。

    かわいくて大人に守られてるというかんじが温かく伝わってくる、大好きな絵本です。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい登園♪

    たこやき達が幼稚園に行きたいと言いました。

    するとたこやき屋のおじさんが幼稚園に電話をしてくれました。

    次の日みんなで幼稚園に行く事に…。

    どんな楽しい事が待っているのかな?^^

    たこやき達のとっても楽しみにしている様子が絵本を通じて伝わってきます。

    たこやきが幼稚園に行くという設定が面白いですよね。

    先生はたこで、インパクトが強いんですが、とっても優しい先生でそして勇敢だな〜と思いました。

    こんな幼稚園があったら面白いだろうな〜…。

    所々で歌っているたこやき達のお歌も楽しかったです^^

    掲載日:2012/09/07

    参考になりました
    感謝
    0

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


文字がないからこそ物語を想像して感動できる一冊

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット