ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

偕成社文庫 雨やどりはすべり台の下で」 みんなの声

偕成社文庫 雨やどりはすべり台の下で 作:岡田 淳
絵:伊勢英子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1990年04月
ISBN:9784035508502
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,690
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 爽快感

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    一郎たちと同じアパートに住む雨森さんにまつわる不思議なお話がたくさん。
    それは本当にあったことなのか夢なのか、それとも雨森さんの魔法だったのか・・・
    ひとうひとつのお話を聞くと夢だったのではないかと思うのですが、これだけたくさん集まるともう魔法としか思えなくなってきます。

    読めば読むほど、無愛想だと思っていた雨森さんの優しさが身にしみてきます。
    どうして子どもたちに優しく手を差しのべてくれるのか、その理由は分からないままです。
    でもアパートを去るときに聞かせてくれた言葉で、何もかもスッキリとするような爽快感をおぼえました。

    掲載日:2009/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨森さんは魔法使い?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    この間、岡田淳さんの「プロフェッサーPの研究所」という絵本のような、絵の大きい児童書のような本を中学生の子に読んであげたら、とても気に入っていたので、同じ岡田さんの作品を図書館で探してきました。(子どもはまだ読んでいませんが)

    面白かったです。実は私、岡田淳さんの作品って、今まであまり読んだことがなかったのですが、いいですね〜。ファンになりました。

    この本の初版は1990年で、出版社が想定している子どもの年齢は小学校中学年からでした。うん。そのくらいからなら楽しく読めると思います。

    物語は1人のおじさん「雨森さん」と関わったちょっと不思議な体験を、団地に住んでいる子どもたちのそれぞれが、みんなに聞かせるという内容です。
    1人づつの話が1編になっているので、読みやすいです。
    中でも個人的に気に入ったお話は第2章の「青みどりのかぎとむぎわらぼうし 一郎のはなし」でした。

    ありそうでなさそうな出来事がたくさん出てきます。「夢」だと言ってしまえばそれまでの、たわいもないことですが、1人1人がそういう事件に出会っているので、もし私がこの子たちと同じくらいの年頃だったら、自分にもこんなちょっぴり不思議な出来事が起こらないかな。と願いながってしまいそうです。
    下の子も本の表紙を見て、「面白そう〜」と言っていたので、もしかしたら読んでくれるかもと、期待してます。
    ちなみにこの本のイラストは伊勢英子さんが描いています。
    とっても素敵なイラストなので、伊勢さんの絵が好きなお子さんとかにも薦めたいです。

    掲載日:2009/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作、好評につき第2弾

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット