だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

うみべのまちのタッソー」 みんなの声

うみべのまちのタッソー 作・絵:ウィリアム・パパズ
訳:神宮 輝夫
出版社:らくだ出版
本体価格:\1,360+税
発行日:1986年08月
ISBN:9784897770154
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「うみべのまちのタッソー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アナログとデジタル

    ブズキという楽器の上手なタッソー。海辺の町の食堂で、演奏しています。
    でも、長い時間ひくと疲れてしまいます。タッソーは、まだ少年ですし仕方がありません。
    でも、お客に来て欲しい食堂の主人は、ジュークボックスを買って、タッソーをクビにしてしまいました。

    機械にはかなわないか・・・と思ったら、タッソーの演奏がみんなに喜ばれました。

    アナログ(人間タッソー)がデジタル(ジュークボックス)に、勝利したと感じたのは、私だけでしょうか。

    おしゃれな絵が、外国の猟師町の雰囲気を伝えてくれます。

    掲載日:2011/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしさを感じます

    題名と絵のせいなのか、息子はあまり興味を示さずにいた本なのですが、読み出すと興味を示してきました。

    特にジュークボックスが導入されて、人々が寝不足で目の下にくまを作っているところなどは反応していました。

    いかに効率が良くとも、機械よりも人の手の方が優しさやぬくもりが伝わるように思います。

    今の生活では、あまりにも効率が優先されているようにも思うので、こういう絵本を読むと懐かしさを感じます。

    掲載日:2009/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット