庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

あーといってよあー」 みんなの声

あーといってよあー 作:小野寺悦子
絵:堀川 理万子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2015年05月15日
ISBN:9784834081510
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,185
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いろんな「あー」

    息子が先に読んで一人で「あー」「あー」と声を出していたのがおもしろく「ああこの本を読んでいるんだな」と思いました。

    タイトルから想像できるかどうかわかりませんが、いろんな「あー」の声、出し方が出てきます。

    読んだら一緒にやってみたくなるはずです。

    私が人前で読むのはちょっと難しいような気がしましたが、どうしても読んでたみくてお話会で挑戦してみました。

    図書館でのお話会という場もあるのでしょうけれど、子どもたちが割と抑え気味の声で「あー」と言っていたのが印象に残りました。

    この本も赤ちゃん絵本の『だっだぁー』と同じように、場面での感情がうまく表現できたら、もっと楽しさを伝えられそう。

    「ちいさなかがくのとも」で出ていますが、意外に長くて、園児さんだけでなく小学校の低学年でも試してたみたい絵本です。

    残念なことにバックナンバーはすでに品切れなので、ハードカバーになるのを待ちたいと思います。

    掲載日:2012/03/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • 聞き手参加型の楽しい作品

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子11歳、女の子9歳、女の子6歳

    この作品のように聞き手参加型の作品って楽しくて大好きです♪

    『上を向いて「あー」と言ってみて。』
    『下を向いて「あー」と言ってみて。』
    『喉に手を当ててみよう、喉の震動が感じられるよ。』
    などなど、聞き手に自然と参加をうながし、
    読み手も聞き手も一緒になって「あー」と言うことで、
    その場の一体感を楽しめてしまう1冊です。

    『おやつはケーキとミルク、嬉しい時の「あー」は?
     しまった! ミルクこぼしちゃった時の「あー」は?
     お母さんが怒ったよ、どんな「あー」?
     「あー、美味しかった♪」』
    場面によって「あー」の表情が変わることにも気付かされます。
    【声】という目に見えないものに色がついていたり
    とがった形などをつけて描かれたりしているのも楽しいです。

    私は小学校の読み聞かせで5年生を担当した日に読んだのですが、
    幼児さんから6年生くらいまでのお子さんと一緒に楽しめると思います。
    実際にうちの学校では、読み聞かせの時間に各学年で読まれていますよ。

    読み手が恥ずかしがらないのが重要!
    大勢の前で読む時は、本文には書かれてはいませんが、
    斉唱するタイミングを「はい」と取ってあげるとスムーズです。

    掲載日:2009/07/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • ちいさなかがくのとも
    こんなかわいい絵本があったのですね大きな口を開けて
    あーあーあー
    それぞれの 人の口からでてくる あーのこえ
    うがいのときのあー
    口をふさいであー これは赤ちゃんによくしてあげたな〜
    たしかに 胸をたたけば 響くひびく
    ことば あーの言葉の中にも いろんな気持ちが表れて
    響きや 意味が変わって聞こえるのは 不思議ですね
    もしも 世界中の人が いっぺんにあーといってみたら
    いろんなことが 考えられますね
    子ども達とこの絵本で 確かめあうのもいいな〜と思いました

    楽しい絵本ですよ

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 参加型として学童さんに使ったら楽しかった

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    本屋で見つけて、即購入!
    ハートにビビットきました。とっても楽しい参加型絵本です。
    これは読み聞かせにもってこいです。
    と、さっそく小学校の学童のおはなし会にもっていきました。
    1年生から4年生まで総勢約20名。

    いろんな「あ〜」を一緒に楽しんだ後、
    「おやつは ケーキと ミルク!
     うれしいときは どんな
     あーで いう?」
    ここは「やってみたい人!」って、さしました。
    やりたい子はたくさんいたけど、いざやってみると、こういう1コマ1コマの感情はなかなか表現するのが難しいみたいです。
    それでも「こんな感じ」「こんな感じ」と、いろいろ出ました。

    子どもたちととても自然に打ち解けた感じになれて、楽しかったです。
    ただ、こういう参加型は、子どもたちの興奮に火をつけてしまうことが多々ありますので、プログラムの入れ方、火がつきすぎてしまった時の収拾の仕方は考えてから使ったほうがベストです。

    ちなみに私は≪あー≫って、必要以上に騒ぎ始めた時、指揮棒を振るみたいにして目の前で丸書いてからグッと、オーケーサインを出したら、止まってくれました。

    掲載日:2015/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても新しい参加型の作品だと思いました。

    なるほど、そうですね〜。
    あーにもいろいろありますねぇ。
    上を向いて、下を向いて、両手を広げて、・・・・・・。
    私は、のどにそっと手をあててのあーという発想に、感動でした。
    そして、いろんな場面で思わず口から飛び出すあー!も愉快でした。

    ぜひぜひ、お話会の導入で、読んでみたいと思いました。

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  •  タイトルだけを読むと「あー、が どうかしたの?」という感じですが、中を読むと、「あーって いろいろあるなぁ」「ふかいなぁ」「楽しいなぁ」と思いました。

     上を向いたり、下を向いたり、両手を広げたり、口や胸を叩きながら言う「あー」はみんな違う。うれしい時、失敗した時、怒った時、美味しかった時に言う「あー」もみんな違う。声は のどだけではなくて、体全体が関係している。音だけではなくて、そこに気持ちも入っている。いろんな「あー」があるなぁ〜。

     それぞれの「あー」が、いろいろな色や形で表現されているのも面白いです。

     ただ読み聞かせるだけではなく、子どもたちにも「あー」と言ってもらいながら読むと楽しそう。クラス単位など、子どもたち同士が気心のしれた集団に読み聞かせたら、きっとみんな遠慮なく、 いろんな「あー」を披露してくれるでしょう。

     声をだすって気持ちいいな♪ 楽しいな♪と思える絵本です。気持ちが落ち込んだ時には、とりあえず「あー」と言ってみようかな?とも思いました。

    掲載日:2015/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな種類の「あー」

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。

    読むというより、遊び感覚で楽しめる絵本。
    上をむいて、あーあーあー。
    下をむいて、あーあーあー。
    お口に手をあてて、あああああああああああああ。

    嬉しいとき、ミルクこぼしたとき、
    お母さんがおこったとき、おいしかったとき
    それぞれの あー。

    普段は全く意識してないけれど、
    あー。だけでも、こんなにたくさんの種類の
    「あー」があるんですね。

    最後は、大きな声、小さな声、もっともっと小さな声で。

    娘も全力で楽しめた一冊でした☆

    掲載日:2015/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなで「あー」

    図書館の新刊コーナーで見つけました。
    上を向いて「あー」、下を向いて「あー」。うれしいときの「あー」、がっかりの「あー」。いろんな「あー」が楽しめます。確かに、「あー」っていろんな意味があるよなぁと、改めて実感してしまいました。
    大勢への読み聞かせに使ったら、みんなで「あー」といいながら盛り上がれそう。ぜひ使ってみようと思います。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろな「あー」

    このお話は、皆さん子供のころにやった記憶のある宇宙人のマネや扇風機で変な声を出したりした時にきいたいろいろな「あー」を自分の体だけを使ってやってみてる男の子のお話でした。うちの子はこの絵本を聞きながら一緒にやっていたのがかわいかったです(笑)

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな「あー」

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    3歳の子供と読みました。
    「ちいさなかがくのとも」の一冊です。

    下向いて「あー」、上向いて「あー」、長い「あー」、小さい「あー」。
    色々な「あー」がイラストで表現されていてとても面白いです。
    子供と実際に色々な「あー」を声に出しながら読みました。
    子供も大喜びでしたよ。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット