なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

春の窓」 みんなの声

春の窓 作・絵:安房 直子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\580+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784062865784
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 安房作品の入門編としても向く一冊

    講談社X文庫ということで、今一番手軽に安房作品に触れることができる本ではないかと思いました。

    12話の話が収録されています。私の好きな「だれにも見えないベランダ」も入っていました。

    「あるジャム屋の話」では、鹿が出てきて「天の鹿」という作品との関連性を思いました。鹿の娘にジャム屋を手伝ってもらい楽しい時間を過ごすジャム屋。

    鹿のままでは結婚はできないと言ってしまうのに、「鹿のまんまで、よかったんだよ」と後で後悔する姿が印象的でした。

    「黄色いスカーフ」では、黄色のスカーフ一つでうきうきとした気分になるおばあさんがかわいらしく感じました。

    「日暮れ海の物語」では、「人魚姫」の影響を感じました。

    文庫ということでどちらかというと大人向けですが、珠玉の作品が集まっていますので、安房作品の入門編としても向く一冊だと思います。

    掲載日:2009/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット