十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

みんながおしゃべりはじめるぞ」 みんなの声

みんながおしゃべりはじめるぞ 作・絵:いとう ひろし
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784871101745
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心の耳をすまして

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    かくれんぼをしていたら「石」の声が聞こえてきたんですって・・・

    いとうひろしさんの楽しい絵で石の声が表現してあって、聞こえないけどなんとなく楽しい話なんだなぁ・・と想像できそうです。


    そうか・・・石ならこんな経験あるかも??
    って思える楽しい話です。

    こどもたちの好きな恐竜の話やおしりの話・・・

    「絵本を聞いているんだけど、なんとなく石の話を聞いてきるような

    感じがする〜」って絵本を聞いていた子どもがいいました。

    子どもたちは想像するのが大好きだから・・ずっと同じ場所にあって、いろんな物を見てきた、石や、木や、滑り台が こんな風にお話するのって、すぐ納得できちゃうようです。

    心の耳をすます・・・ってこんな事をいうのでしょうね。

    とっても楽しいお話でまた読みたくなって・・だんだん自分たちでも

    お話を作ってしまう楽しい絵本です。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 耳を澄ますと

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    耳を澄ますと生き物ではないものの声も聞こえてくる…。
    石や木、たしかに我々よりも長い時間存在しているものたちはいろいろなものを見てきたのでしょうね。
    ほかのものも各々いろいろなものを見てきて…。それらの声が聞こえてきたら楽しいだろうなと思います。私も彼らの話を聞いてみたいな。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外と壮大な話でした。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    でも確かに石ってそうかもな、と思って半信半疑で石に耳を近づけてみますが、やっぱり聞こえませんよね。物の声なんてね。なんて、こんな気持ちだからダメなんでしょうね。色んな物の声が聞こえるのは子供のうち限定かな。笑

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんうん!

    このお話はとっても想像力のあるものだなって思いました。石とか物がしゃべるって言うストーリーは、子供にとってとっても刺激になったらしく、絵本を読み終わった後は、この絵本の男の子のマネをして遊んでいました。

    掲載日:2012/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力をはたらかせよう

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子7歳

    ルラルさんシリーズなどでおなじみのいとうひろしさんのデビュー作ということで、自分が知ってるいとうさんの絵とはちょっと雰囲気がちがって、新鮮でした。
    石や木などに耳をあてると、その声が聞こえてくるなんて、ロマンチックですね。いろんなお話が聞ける子供たちの力に感心してしまいました。むずかしそうだなあなんて思ってしまう自分が悲しい。
    石や木などを人間と同じように生きたものとしてとらえる心はとっても大事だなあと思います。子どもたちにもそんな気持ちをずっと持ち続けてほしいです。

    掲載日:2010/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • せっかちな親ですが待ってあげたい

     いとう先生のデビュー作の復刊だそうです。
     
     かくれんぼの まっさいちゅうに、
     ぼくは いしの こえを きいた。

     このページで、夢中になってしまいました。
     子どもの感性のすばらしさ。
     心の耳を大きく開けて、どんなものの声も聞くことができるお年頃。
     
     同じ気持ちで近づけば、みんながおしゃべりしてくれる。
     
     の、一文は「ん〜なかなか哲学的かも」と悪い癖の深読みまでしてしまいました。
     
     このページのこどもたちの同じ気持ちになっているところが、可愛らしくもあり微笑ましくもあります。
     こうやって、無心に耳を傾けていたら、せっかちな親ですが待ってあげたいと思いました。

     時々公園で、作った砂山や、持っている可愛いスコップに語りかけている子を見かけますが、こういう事かもしれませんね。

     残念、私にはもう聞こえないんです。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット