メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  

写真絵本しろくまピース」 みんなの声

写真絵本しろくまピース 作:大西伝一郎
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2003年12月
ISBN:9784894233843
評価スコア 4.2
評価ランキング 16,854
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とにかくかわいい!

    • ラテ子さん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子7歳

    何度かテレビで人工保育されたシロクマの特集を子供と見ていたので、図書館で探して借りてきました。
    小さい頃からの、とても可愛らしい写真が掲載されていて、子供と共に癒されました。
    人工保育や、動物園の飼育員さんの大変さも子供に伝わった様に思います。
    動物好きな子にお勧めです。

    掲載日:2017/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • これはピースの成長記録の写真集…?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    白くまの「ピース」自体が話題になったので、結構期待してこの絵本を手にしたのですが、
    内容は「ピースの成長記録の写真集」といった感じでした。写真集にしては、写真が少なくページも少ないです。
    人工飼育で白クマを育てたという事実はすごいけど、
    子どもたちに見てもらいたいなら、もう少し目線を変えて作ってほしかったかも…。
    個人的な意見では、特別薦めたくなる作品ではありませんでした。
    残念です。

    掲載日:2011/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飼いた〜い

    ちょっと前にテレビで特集がありましたが、しろくまのピース、なんともかわいらしいです。
    北極熊というと、クマの中でも凶暴だといわれるけど、子どもというのは種類をとわず、何であっても、かわいらしいですね。
    真っ黒の瞳、ふわふわの真っ白い毛、安心しきった表情・・・どれを見ても癒されます。
    子どもと一緒にこれを見た後、息子の反応は
    「うわぁ、お母さん。一回飼ってみたいねぇ〜。」
    って。
    ほんと、あまりにかわいらしくて一瞬、うんうん、とうなずきそうにもなりましたが、いやいや、どう考えても無理だって。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの時はくまも人間も同じ表情☆

    北極グマの赤ちゃんピースを人工飼育で育てたお話です。

    表紙の写真から畳の上でくて〜と寝ているピースのかわいいこと。
    ミルクを飲み終わったぽんぽこお腹や、満足な寝顔。
    赤ちゃんの時はくまも人間も同じ表情をするのね〜。
    ダンボールの中で仰向けに寝ているピースは、
    息子の赤ちゃんの時とそっくりで家族で楽しんで眺めてしまいました。
    ピースがとてもいとおしくなり、癒されます♪

    人工飼育の大変さについても文書がありますので
    そちらを読んでくださいね。

    掲載日:2009/03/14

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くろくんとふしぎなともだち / ぼくのかえりみち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


「P-kies Educational Series」<br>mizukaさん きはらようすけさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット