もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

いたずらっ子オーチス」 みんなの声

いたずらっ子オーチス 作:ベバリイ=クリアリー
絵:ルイス=ダーリング
訳:松岡 享子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\893+税
発行日:1980年11月
ISBN:9784051046774
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「いたずらっ子オーチス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本当にいたずらっ子

    中学年向けだと思うので、分量も長めでしたので、読み聞かせするのに五日ほどかかりました。

    題名通りに、いたずらっ子のオーチス。

    後半では、友だちにも愛想をつかされているようで、大丈夫なのかな?なんて、親の視点で読んでしまいました。

    子どもの頃なら、オーチスの腕白ぶりに拍手かっさいを送ったのかもしれませんが、時が経つと、親の目線でこの子の行く末が心配になりました。

    大人になって、児童書に感情移入して読むのではなく、少し俯瞰した目で読むようになったことが、成長したことでもあり、少し寂しくもあります。

    息子は子どもの視点で読んでいたので、とても楽しめたようです。

    一番おもしろかったのは、「オーチスと科学実験」というお話でした。

    二匹のネズミで食糧を変えて体重を計ります。食べ物と栄養状態の関係を実験によって検証しようというのですが、オーチスがいるのですから、ただですむはずもありません。

    先がとても気になりましたが、思わぬどんでん返しがあり驚きました。

    何をしても懲りないオーチスですが、お母さんがもう少しオーチスに目を向けてくれたらと思わずにいられませんでした。

    いたずらっ子というのは、自分の心の中に制御不能な気持ちを抱えているらしいことは理解できました。

    オーチスの心理描写については、とても克明に描かれていてよくわかりました。

    松岡享子さんの訳も読みやすかったです。

    掲載日:2009/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット