ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

しろくまだって」 みんなの声

しろくまだって 作:斉藤 洋
絵:高畠 純
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1992年07月
ISBN:9784338089104
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「しろくまだって」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 兄弟しろくまが人間に見えてくるよ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    斉藤洋さんらしい楽しい児童書でした。
    一応、舞台はカナダのお話です。その方が普通に「しろくま」が町に出てきそうですもんね。

    1つ1つのエピソードが「うん。それってありかもしれない」と思える内容なので、読んでいるといつの間にかしろくま兄弟が人間っぽく見えてくるから不思議です。
    下手な若者より常識を持ち合わせている弟のカールと、どこまで人間社会のことが理解できてるのかな?と、思うような天然のボケをかましてくれる兄のマルクのトンチンカンな会話が笑えます。

    高畠純さんの絵との相性も良く、見ていてとても面白かったです。
    低学年用の児童書のシリーズなので、同作者の「ペンギンたんけんたい」などのシリーズが好きなお子さんたちに特にお薦めしたいです。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟がほほえましい

    しろくまの兄弟のやりとりが愛らしいです。人間の言葉を覚え、人間の町で生活し、プロレスラーになる、と無理のある話ですが、子供ならすんなり入っていけます。表紙の絵がかわいいと、娘が手に取ったのですが、「わんわんわん」の高畠純さんなんですね。たくさん絵が出てくるので、8歳の娘は活字に圧倒されることなく楽しく読めたようです。

    掲載日:2011/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • すっごくおもしろかったです。

    高畠純さんの講演会に行く前に購入しました。

    シリーズで出ているとの情報も得て、読んでみたら、すっごくおもしろかったです。

    シリーズは、二冊しかないようなのですが、ぜひ続きも書いてほしいなと思いました。

    お話が、奇想天外で先が読めず、息子と共に所々クスリとしました。

    しろくま兄弟が、人間の言葉を話せて、街中で住むという展開、あり得ないけれど、おもしろかったです。

    理由を読むと、不思議に納得できてしまいます。

    おもしろさの中に、なぜか少し悲哀も感じてしまいます。

    しろくまのぬいぐるみを着た人間ということになっているのですが、いつかばれるのではないかと、ハラハラしました。

    弟のカールがとても知恵者で、兄のマルクは天然系、このコンビのやりとりに笑ってしまいました。

    高畠純さんの絵もとてもマッチしています。

    おしゃれで軽妙な感じが実にいいです。シリーズ二冊目の「やっぱりしろくま」も早く読んでみたいです。

    掲載日:2009/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット