くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

講談社青い鳥文庫 モモちゃんとプー モモちゃんとアカネちゃんの本 2」 みんなの声

講談社青い鳥文庫 モモちゃんとプー モモちゃんとアカネちゃんの本 2 作:松谷 みよ子
絵:菊池 貞雄
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\580+税
発行日:1980年11月
ISBN:9784061470071
評価スコア 4
評価ランキング 22,728
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ちいさいモモちゃん」を月曜日に姪の長女(9歳)にあげた所。
    「続きがあるからね」と予告してあるので、次々読んで渡していくことに。
    三姉妹なので、そのうち妹達にも読んでもらえると目論んでます。
    (偶然にも次女は「アカネ」という名前!!!)

    モモちゃんは、ウシオニに影を舐められて具合が悪くなり、ママが追いかけていくところと、取り返したモモちゃんの影をパパが舐めてくっつけるところが、まだ協力して子育てしている感じがでてます。

    「画用紙」と「クレヨン」を大砲で撃って兵隊さんに戦争を止めさせるなんて発想は、どこからくるのでしょう。
    「そばまできたら、ママがだめ!っておこるから」というと、
    「どこかでしてるのに、早く言わないとみんな死んじゃう」といつまでもしゃくりあげているもうじき5歳のモモちゃん。
    ここは初めて読んだ時から、何度読んでも涙が出ます。

    「反戦」を声高に言わなくても、誰もが戦争なんて嫌なんですから。
    テレビを観ても、新聞記事を読んでも、何も感じなくなってしまわないでと言いたいのだと思います。

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

講談社青い鳥文庫 ちいさいモモちゃん モモちゃんとアカネちゃんの本 1 / モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


0・1歳の赤ちゃんにぴったり☆親子で遊べる絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット