しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

続・時の迷路 明治、大正、昭和、そして未来へ」 みんなの声

続・時の迷路 明治、大正、昭和、そして未来へ 作・絵:香川 元太郎
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784569689456
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,289
みんなの声 総数 16
「続・時の迷路 明治、大正、昭和、そして未来へ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いろんな時代を旅が出来ます

    全頁試し読みで読みました。恐竜時代から、江戸時代までを旅する「時の迷路」の続編で、今回のは、明治、大正、昭和、未来へとあり、12画面もあって、迷路、かくし絵、難しい迷路、クイズをしながらいろんな時代を旅することが出来ます。10画面にある「昭和の横丁」は、やっぱり一番はまりました。手元に置いて何度でも楽しめる絵本です。

    掲載日:2016/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • じっくり楽しめる

    「時の迷路」を楽しんで読んでいたので、こちらも購入。
    簡単な迷路、難しい迷路、隠し絵、クイズ。。。同じページで何通りも楽しめる優れものです。なかなか難しくてわからないのが、各ページ一つくらいあって、じっくりと楽しめました。
    帰省中の本として選びましたが、電車の中や帰省先でのちょっとした時間にぴったりでした。まだまだ楽しめそうです。

    掲載日:2015/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日にも

    迷路が、ごく自然にイラストの中に溶け込んでおり
    まるで本当に迷い込んでしまったかのような気持ちになります。

    この迷路絵本は、
    他にも沢山シリーズが発売されているようなので
    1冊購入したら、きっと揃えたくなると思います。

    雨の日でも、この本があれば
    親子で楽しめそうです。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • せっかくならセットで!

    このシリーズの第1弾「時の迷路」がよかったのでこちらも読んでみました。
    「時の迷路」は恐竜時代から江戸時代が描かれていて,こちらはその後の日本が描かれています。
    子供が日本の歴史に簡易的に触れるのによい絵本だと思います。
    迷路やかくし絵など遊び心満載なので,楽しんで学べる絵本ですね!
    せっかくなら「時の迷路」「続時の迷路」セットで購入したいものです。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本は、いろんな時代ごとに迷路になってます。
    隠し絵やクイズがあります。
    ぼくのお気に入りの時代は、文明開化です。
    理由は、平和な感じだからです。

    次に好きな時代は、幕末です。
    アメリカと日本が交流しているのがいいと思います。
    左下には、ミニSLみたいな小さい蒸気機関車があって、
    すごいなと思いました。

    迷路は、けっこうむずかしかったです。

    掲載日:2013/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい

    時の迷路に引き続き、購入しました。
    おじいちゃん世代や私たち親世代、そして未来の子供たちの舞台が出てきて、親子3世代で、楽しく読める本です。
    昭和の時代は、懐かしいものがいろいろできてて、見るのが楽しいです。「ママたちの頃はね・・・」と子どもに語りかけることができるので、おすすめです!

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • バージョンアップ☆

    香川元太郎さんの迷路シリーズ、読破にむけて爆走中!さすがに読みすぎかな?という不安もあり、娘に「もう飽きた?」と聞いてみましたが、「ぜんぜん!!」の返答。スゴイ!!

    これは、時の迷路の続編ですが、さすが近代だけあって、馴染み深い印象です。『昭和』には、マ○ドナルドならぬウサドナルドが〜!(笑)娘が真っ先に食いつきました(やっぱりねぇ☆笑)

    シリーズの最近のものは、「かくしえ」の見本がついてて探し易くなりました。少しずつバーションアップしてるんだな〜って思いました。もちろん、歴史もバッチリ学べます♪

    このシリーズ、教科書に取り入れたら、絶対みんな勉強大好きになりそう!と感じる素晴らしいシリーズです☆

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • お値打ち品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    時の迷路が良かったので、その続編ということで読んでみました。
    この作品も、とても良いです。
    幕末から現代に焦点を当てた時に関する迷路で、時代の様子が実に分かりやすく描写しています。
    難しいことは抜きにして、歴史というものに接する絶好の入門書だと思いました。

    それも、ゲーム感覚で取り組めるのですから、子供にとって病み付きになること受けあいです。
    あまり難解な迷路でなく、何とかこなせるという難易度の設定も、実に巧妙と言えそうです。
    しかも、この作品が良いのは、単に迷路だけに留まらないということ。
    迷路にも、難易度が異なる2つのルートがあり、隠し絵やクイズがそれぞれの時代毎にあるので、色んな側面から取り組めるのです。
    隠し絵は、かなり良く出来ていて、答えを見ないと分からないものもあり、ゲーム世代であっても、充分に楽しめる水準だと思います。

    しかも、1300円(税別)という定価は、お値打ち品。
    プレゼントにもオススメします。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな要素の詰まった「本」

    「時の迷路」で大好きになった、このシリーズ。

    今回は、江戸時代の続き「明治・大正・昭和」。

    銅山・戦争の時代・焼跡の町・・・とても大切な時代、忘れてはいけない背景がそこにはありました。

    1年生の息子には、まだピンと来ないかもしれませんが、迷路を通して沢山の子供達にも知っておいてもらいたいな〜と思いました。

    全シリーズ共通、隠し絵やクイズ付き。

    迷路で遊びながら、脳の活性化+歴史の勉強。とってもお買い得な本だと思います!!

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が楽しかった

    いろんな時代の迷路が載っていて見ているだけども楽しかったです。今回の迷路はいつもより迷路の道がはっきりしていたと思うので、うちの子はいつもより泣かないでやってました。いろんな時代も楽しんでいてよかったです。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / アレクサンダとぜんまいねずみ / もこ もこもこ / とりかえっこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット