しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

まり」 みんなの声

まり 文:谷川 俊太郎
絵:広瀬 弦
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年12月
ISBN:9784861011337
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,654
みんなの声 総数 81
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

81件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ちょっと疲れた時に読みたい

    谷川俊太郎さんの言葉と、シンプルな絵がとてもマッチしています!
    ナンセンス絵本独特のユーモアがあってクククッと笑えます。

    谷川さんと、元義理の息子さんのコラボの作品のようですね。
    息のあった感じは、さすが なっとく と思いました。

    掲載日:2017/09/04

    参考になりました
    感謝
    2
  • 純粋に楽しい

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    2歳3カ月の息子と読みました。
    きっと好きだろうなと思って読むとやはり好きでした。
    まりがぽんぽんと跳ねる様子、バットでカキーンと打たれる様子、
    大人が読んでもとても楽しいです。
    カキーンと四角になって、転がるところが私は好きです。
    読み終わると、すぐにもう一回!と息子は言いますが、え〜また!と
    思わずに、いいよと読める絵本です。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「ボール」ではなく「まり」

    あれ?
    レビュー書いたつもりでいましたら・・・まだでした(汗

    小さいお友達とママとの遊びで
    紹介しようと思った絵本です

    広瀬さんのなんともいえない
    シュール?で単純な絵に惹かれ
    文が谷川さんですし
    気になって読んだ絵本でした

    詩?ではなく文
    文といっても
    「もこもこもこ」のように
    状態をあらわしたオノマトペの世界

    音を聞いて
    どう頭の中で想像出来るか
    それを、どう表現するか
    なんでしょうね

    単純で
    だれにでも出来そうで
    出来ない(笑

    何度見ても
    飽きません

    「ボール」ではなく「まり」という響きも
    私は、好きです
    おもしろい作品です

    掲載日:2018/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知り合いに勧められ、「本当に面白いのかな?」と半信半疑で買ったのが4年ほど前。
    そんな心配をよそに、毎年大人気!
    擬音語なのと、まりがいろんな形に変化するのが面白いようで、子どもたちは大笑いしています。
    1歳児クラスでよく読んでいるのですが、表紙を見ただけで「まり?」と目を輝かせて聞いてきます。
    最後、水たまりの中にまりが消えてしまうのですが、必ず「あれ〜?」。最後のページで保育者と一緒に「まり」といった後「あったね〜!」と喜んで見ています。
    単純ですが、その単純さが子どもにとっては最高に面白いんだと認識させてくれる本です。

    掲載日:2018/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • もこもこもこ みたいな

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    1〜2歳のころによく読みました。「もこもこもこ」のように、いろんな音が出てきます。読むのも聞くのも楽しい絵本です。顔がついているので、物語っぽくなっているかな。顔の表情がシュールです。 いま「まり」って言葉はあまり使わない気がします。だからこの本を読んでも、あのまるいものがボールだと思っていない子もいっぱいいるかもしれませんね。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「もこもこもこ」が大好きな娘に読んであげました。当たり前ですが面白いと思うポイントが大人と子供で違っており、娘はまり≠ェただ転がっているだけのページで「へへっ」と笑っています。

    かたや、読み手の私や夫は表紙の哀愁漂うまり≠ノやられ、読み進めていくうちに山あり谷ありなまり≠フ人生(?)に親近感を覚えました。

    掲載日:2015/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学生でも

    「まり」以外はほとんど擬音語で書かれています。

    幼児向けのようですが、小学生の男の子でも「ぱしっ」「ひゅーん」とか見たらゲラゲラ笑うんじゃないかな。

    この時のまりの気持ちを考えてみましょう、なんて国語の教科書にでもなりそう。

    見開きで右と左に違う絵がかいてあったりするので、ちょっと注意力散漫になっちゃうかな。
    ぜんぶ見開き1ページでどーんと書いてほしかったです。

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 淡々と

    黄色い丸いまりが淡々と転がっていき、何故かバットで打たれた後は四角くなって池に沈み、また丸くなって浮かんでくる…。
    まりの飄々とした表情が何故かクセになるシンプルな絵本です。
    静電気でくっついたホコリのように見える黒い点々も不思議な魅力。
    3歳の娘も淡々と読んでます。

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い♪

    まりが形を変えながら転がっていくお話。シンプルな色と線で描かれ、擬音のみで展開していきます。独特で不思議な世界観がありますね。まりの変形する姿、味のある表情、「びしゃっ」「ぷか」などの面白い擬音が息子は気に入っているようです。

    掲載日:2015/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • まりになりきって

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子2歳

    息子がはまってしまいました。
    図書館に行くたびに、この本を読んでほしいと探しにいっていたので、とうとう借りてきました。
    すると、初めは私の後に続きまねして呼んでいるだけだった息子が、「ころころころ」とか「ぱしっ」「ひゅーん」とか、まりになりきり、体で表現するようになりました。
    それが面白くてかわいくて・・・ また借りてしまいそうです。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

81件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わにわにのおふろ / ボードブック はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

みんなの声(81人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット