雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

ゆめにでてあげたい」 みんなの声

ゆめにでてあげたい 作:田中章義
絵:とりごえ まり
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784333021017
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,202
みんなの声 総数 3
「ゆめにでてあげたい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • バイリンガル絵本

    このお話はバイリンガル絵本だったのですが、家では英語の方だけ読みました。とっても簡単な単語のみでお話は書かれていたので子供も分かりやすかったみたいです。死んでしまった両親が天国から見守っていて、残された兄弟のお兄ちゃんは立派に親代わりをしていて、とっても感動的なお話でした。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • チベットの国内紛争が背景の絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    とりごえ まりさんの作品だったので読んでみました。
    まさか、こんなに奥深い内容の作品だとは夢にも思わなかったというのが最初の読後感です。

    ここは インドの ダラムサラむら。
    ぼくは おとうとと あのやまを こえて、ここにやってきた。

    あのやまとは、ヒマラヤ山脈。
    国内紛争のために、両親を失い、チベットからインドへ逃れてきた兄弟の話です。
    険しいヒマラヤの山を1〜2ヶ月もかけて越えるうち、何人もの子供たちは命を失ったという現実。
    そんな子供たちが寄宿舎で過ごす姿を克明に描いています。

    ぼくは、まだ9歳。
    そのぼくの心の叫びは、心の琴線に触れること間違いありません。
    兄として弟を思いやる気持ちも、崇高なもの。
    家族が一緒に暮らすという当たり前の幸せを、再度認識させてくれる、そんな絵本です。

    あとがきに、
    「そうした子どもたちの存在を一人でも多くの人に伝えたくて、私は本書を執筆した」
    とありました。
    英文も併記してあり、多くの人に読んで欲しい作品としてオススメします。

    掲載日:2011/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんの愛情

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    とてもかわいらしい兄弟が、ほのぼのとした雰囲気を出している表紙。
    でも内容はとても重く、深く考えさせられるものです。
    そう、この兄弟は戦争で親を亡くした孤児。
    自分も悲しみでいっぱいであろうそのお兄ちゃんは、弟のことを思って決して泣きません。
    そのけな気で優しいお兄ちゃんの愛情に心打たれます。

    戦争がなくなることを望み、自分もまた未来に向かって希望を持ち続ける姿は、9歳の子供とは思えません。
    これだけしっかりとした子になったのが戦争のせいだとしたら、何だかとても皮肉です。
    でも、こういう子供がいるのが現実なのです。
    作者の後記も是非読んでもらいたいです。
    多くの人に知ってもらうこと。
    それが世界を平和にするための第一歩だと思います。

    掲載日:2009/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット