雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

いっすんぼうし」 みんなの声

いっすんぼうし 作・絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784323037226
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,686
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 勇気をもって戦った勇者

    いっすんぼうしの醍醐味は

    ちいさいいっすんぼうしが大きな鬼をやっつけるところ。

    その上うちでのこづちで大きくなるところです。

    手のひらに乗って米粒を食べていたいっすんぼうし。

    おわんとおはしをかついで、縫い針をこしにさす。

    このあたりでは、まだまだおもしろいお話だと思って

    笑っていました。

    読んでいくうちに、とっても勇気があるいっすんぼうしに

    驚いていました。

    むかしばなしの中で最も小さい勇者だと思います。

    掲載日:2013/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いもとさんが大好きです

    いもとさんが大好きなので、この絵本も大好きです。
    いもとさん特有の、温かくてやわらかい絵で、昔話が彩られています。
    保育園で読んだときには、「いっすんぼうし」を知らない子どもも多く、興味津々で見ていました。
    代表的な昔話なので、是非子どもたちに知ってほしいと思います。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすいです^^

    昔話を読んであげたくて借りました。

    いっすんぼうしのお話、どういうお話だっけ?と曖昧でしたが、この絵本を読み解決する事が出来ました。

    小さい子向けにわかりやすく文章が仕上げてあります。

    文章の量は多めでしたので、3、4歳以降のお子様から読み聞かせいけると思います。

    いっすんぼうしの勇敢な行動に心打たれました^^

    掲載日:2012/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めて読んだ・・・!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子1歳、

    有名な「一寸法師」のお話ですが、
    実はこのトシまで読んだことなく、
    今回息子が保育園から借りてきて、初めて通読してみました。

    どうしても子供がほしいおじいさんおばあさんの元に生まれた
    いっすんぼうし。
    ずーっと小さいままなので、周りからいじめられたりして、
    せめて勉学を修める為に、都へと旅立ちます。
    そこのお姫様のお供で旅をしている時、
    鬼からお姫様を助け、うちでのこづちをゲット!

    「うちでのこづち」聞いたことあったけど、
    一寸法師ででてきたのか〜と
    今さらながら新鮮な驚き。

    何でも望みをかなえてくれるそのうちでのこづちに、
    「大きくなれ」と願いをかける一寸法師。
    普通の人間の大きさの、立派な凛々しい青年になりました。

    と、ここで物語が終わってしまった。
    アレ・・・
    お姫様と結婚するんじゃないの?
    この手のお話、お姫様と結婚して、幸せに暮らしました。と
    なると思ったのに、
    予想を見事にハズされました。

    ちなみに一緒に読んだ5歳の息子、
    保育園の紙芝居で読んだ事があり、
    私のように一喜一憂することなく、
    最後まで冷静に私の読み聞かせを聞いていました。

    諦めきれず、
    「ねえ?最後、お姫様と結婚するんじゃないの?」と
    聞いてみたけど、
    「結婚しなかったよ」と一言で返され、
    ちょっと納得のいかないエンドでしたが、
    今回これを機にきちんと通読できてヨカッタ。。。

    掲載日:2012/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い絵が読みやすい

    いもと ようこさんの絵は大好きで、図書館で目にとまったので借りてきました。
    その翌日、プリキュアで一寸法師の小槌のお話が出てきました。
    これは、と思い読み聞かせにこの本を選びました。
    勿論、2年生の息子は、このお話を知っていましたが、4歳の娘は目をキラキラさせながら聞いていました。
    いもとようこさんの可愛い絵と、分かりやすい内容の絵本になっていて、特に小さな子供にお勧めです。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直でいい絵本です

    4歳1ヶ月の息子に読んでやりました。どぎつい描写や展開の昔話はあわてて読む必要がないと思っていましたが、幼稚園で読んでもらったみたいなので、読んでやりました。特に一寸法師が鬼のお腹の中でチクチク針で刺すシーンで心配しましたが、あまり息子に動揺は見られませんでした。この程度であれば問題ないのかもしれません。むしろ、出だしがももたろうと勘違いしたくらい。このくらいの年齢になればだいぶ分別がつくのかもしれないと安心しました。さらっと素直なストーリー展開でしたし、わかりづらいこともなく、息子は満足げでした。私も親として安心。夜眠れなくなったりしたら困りますからね。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 凛々しい

    表紙の絵 一寸ぼうしの凛々しい感じがよく出ていて大好き。

    誰もが知っているお話ですね。

    小さいのに果敢に鬼に向かっていくところが
    5歳の息子のお気に入りの場面。
    何度も繰り返し読んでも自分の好きな場面は
    ワクワクするようだ。

    5歳の息子に「夢は何?」と聞くきっかけになった絵本。
    答えは「わからない」だったけど
    夢があるって素晴らしいよね と話し合えて嬉しかった。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 5
  • 5歳 2
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 0

全ページためしよみ
年齢別絵本セット