モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

怪談レストラン4 幽霊列車レストラン」 みんなの声

怪談レストラン4 幽霊列車レストラン 責任編集:松谷 みよ子
編:怪談レストラン編集委員会
絵:たかい よしかず かとう くみこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1996年09月
ISBN:9784494004706
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 怖さレベル 中

    幽霊列車レストランという名前ですが、列車に関する怪談は少なかったです。
    このシリーズは短編集ですが、この巻の印象は、「うーん、まぁ…」と「うわっ!!」
    の波が交互にやってくる感じでした。

    大人でもゾッとする話あり、えっ?これだけ??あり。
    でもこの怖さレベルの波が、いい具合に緊張と緩和を作り出しています。
    トータルすると、怖さレベル 中という感じでした。

    ところで不思議なのが、このシリーズを読むと、本当にレストランに行った気になるんです。
    だって、デザートにコーヒーまでついてますから。
    なんだか満腹感。これが一番ミステリーかも!?

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幽霊だらけの列車に乗るなんて怖いです

    今回は大人にも怖い仕上がりになっています。

    幽霊列車で客1人と売り子以外は幽霊なんて、、、怖いですね。こんなところで働きたくない!

    「もうひとり、おのれになりますよ」は怖かった!でも霊柩車の運転手にこういわれたら、そのエレベーターには乗っちゃだめですね。

    車に乗せてもらうと消える幽霊も怖いけど、馬車に変装して乗って実は殺人犯、というのもリアルで怖い。

    大人でも怖がれる仕上がりなので、今回のは結構おすすめ。

    掲載日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット