貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

新装版むぎわらぼうし」 みんなの声

新装版むぎわらぼうし 作:竹下 文子
絵:伊勢英子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年07月
ISBN:9784061323339
評価スコア 3.67
評価ランキング 32,353
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 静かに終わる夏

    きっと、るるこちゃんは夏の間中、お気に入りのむぎわらぼうしをかぶって、元気いっぱいに遊んでいたのでしょうね。
    でも、いつまでも夏のままではありません。
    少し切なくなりますね。
    静かに終わる季節を、感じました。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまにはゆったり季節を感じて…(*^^*)

    夏休み明け最初の読み聞かせで読みました。
    夏でも秋でもないこの時期に合う本を探そうと思い
    “絵本ナビ”でみつけました。

    女の子はひと夏を一緒に過ごした“麦わら帽子”を夏休みが終わっても手放すことができません。帽子をかぶるとあの夏の日がよみがえります。眩しい日差し、そして子供たちみんなで過ごした海。でも季節はゆっくり変わっていました。庭のサルスベリの花や草木、そして日差しが秋を知らせています。女の子は帽子のほころびを見つけた時ふと夏の終わりに気づきます。

    夏の眩しい日差しと海、秋色の草花と秋の日差しのコントラスト。そして余白…
    絵に引き込まれるままに
    ゆっくりと思い出を心の中に焼き付けて
    そっと夏をひとくくり

    白い背景にさらっとのせられた色・線…
    いせひでこさんの絵本は幼児期からのはっきりした色使いの絵本とは違う新たな印象を子供たちに届けてくれると思います。

    大人の私の方が、今年の夏の出来事が走馬灯のように思い出され、寂しさを感じつつ読みました。
    子供達もたまにはこんなゆったりとした時間が流れる本で季節を感じてくれれば…なんて思いました。


     
    学年:4年
    時間:約5分

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / まいごのどんぐり / ぼくがラーメンたべてるとき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



文字がないからこそ物語を想像して感動できる一冊

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット