ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

宮沢賢治どうわえほん よだかの星」 みんなの声

宮沢賢治どうわえほん よだかの星 作:宮沢 賢治
絵:伊勢英子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1986年11月
ISBN:9784061881815
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,411
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イーハトーブの自然

    画家にとって、宮沢賢治の作品は、絵本にすることが難しいと聞いたことがあります。
    それでもチャレンジしたくなる文章の力が、宮沢賢治童話にはあるのでしょう。
    この作品の中では、豊かな自然が力強く描かれていたと思います。
    きっと、賢治の理想イーハトーブなのでしょう。

    掲載日:2013/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宮沢賢治のこの童話は、よだかの気持ちの繊細さとはかなさが根底にあると思うのです。
    仲間外れのよだかは、あまり存在感の強い鳥ではありません。
    その存在感とは別によだかはとてもストイック。
    身を滅ぼして自分を昇華する存在です。
    あまり存在感の強い描き方はそぐわないし、空を飛ぶ姿ははかなさと透明感がなければいけないと思います。
    伊勢さんは様々なテーマで、絵を巧みに描き分ける作家で、私の好きな作家です。
    だからこそ、この作品に関しては違和感を覚えました。

    掲載日:2013/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいで悲しいお話

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    初めてよだかの星を読んだのは、宮沢賢治の童話集になっている単行本でした。
    当時はお芝居を見るのが大好きで、安い、学生がやるようなのを年間にいくつも見ていました。そういうのをいくつか見るとそのうち1回や2回は、宮沢賢治の作品(原作)にあたります。
    そんな風に宮沢賢治の作品に出会って、「よだか星」を読み、悲しい話だな〜。と思ったのを記憶しています。

    今回改めて絵本で手にして、伊勢さんのイラストはやっぱり素敵!と、思ったのが、第一印象でした。
    原作が素晴らしい本を「絵本」にする作業は、きっととても大変なことだと思います。
    でも、この「宮沢賢治どうわえほんシリーズ」はどれをとっても、なかなか素敵な出来栄えです。

    とてもきれいで、美しいお話ですが、大変思いつめたお話でもあるので、気持ちが鬱になっているときには読まない方がベストです。
    そしてイラストはありますが、星の高さや鳥の種類などを想像する力もある程度必要なので、読んであげるなら高学年から、1人読みも高学年以上がお薦めです。

    掲載日:2009/06/10

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット