おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

宮沢賢治どうわえほん 狼森と笊森、盗森」 みんなの声

宮沢賢治どうわえほん 狼森と笊森、盗森 作:宮沢 賢治
絵:三谷靱彦
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1985年12月
ISBN:9784061881853
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • それぞれの森の守り神みたいなものたちと

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    発行が昭和60年とありますから結構古いですよね。
    新しく人々が移り住んだ土地、新しい村の周囲には自然がたくさんあり、その四方八方の森を大切に、作物を作りながら自然と伴に生きていける、そんな時代を描いた作品なんだと思います。
    1回さらっと読んだ土岐は、子どもにはちょっと難しいかな。と思いました。もう1回読み直して、少し難しいところもあるけど、高学年くらいなら、帰って、知っておいてもらいたい作品だなと思いました。

    南の狼森、その隣り西の笊森、北の黒坂森、そしてもっと北にある盗森この4つの森には、それぞれ守り神みたいなものが住んでいて、村人たちにちょっとだけ悪さをしたり、いたずらをしたりします。そのたびに村人たちがそれぞれの森に出かけて行って掛け合うのですが、そのやり取りが、意外と面白い!
    特に笹森の「山男」は三谷さんのイラストも素敵で、とても愛嬌のある大男で、私は好きです。
    いたずらが過ぎる盗森の真っ黒な大男も、岩手山に怒られていじけちゃってるようなイラストが、何ともツボでした。

    掲載日:2009/06/10

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット