ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

アンデスの少女ミア ―希望や夢のスケッチブック」 みんなの声

アンデスの少女ミア  ―希望や夢のスケッチブック 作・絵:マイケル・フォアマン
訳:長田 弘
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784776403340
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,882
みんなの声 総数 5
「アンデスの少女ミア  ―希望や夢のスケッチブック」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アンデスの高原に住んで

    アンデスの高原に住んでいる少女ミアの物語。
    景色の素晴らしさに反して、生活の厳しさにうなります。
    子犬との出合いと別れ、初めて町に行ったこと、自分で育てた花で商売をしたこと、出来事のひとつひとつが青い風景として刻まれています。
    ゆったりとしたお話ですが、作者の旅行スケッチとして、味わいのある作品です。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • その世界を 希望をもって広げていきます

      表紙絵を見て、ぬけるような素敵な青い空にため息をついてしまいました。
     そこに、頬をさすような冷たい空気を感じながら。
     でも、見落としていました。
     読後気づいたのですが、サンティアゴ(盆地)のスモッグや大気汚染のようすも描かれていることに。
     
     アンデス高地は、南米の貧困地。
     ミアの住む村、キャンプ・サン・フランシスコも大きな街と雪をかぶった高い山々の間の小さな集落。
     廃材を組み立てたバラックのような家々。
     生活の糧を求めるものは、皆をお腹いっぱいにしてくれそうもありません。
     
     “しかし、ミアにとっては、そこがふるさとで、世界だった。”

     の一文に目がいきました。
     そうですね、子どもは生まれたところが自分の世界。
     生きるエネルギーに満ちているミアの生活の様子が、貧しいことなど頓着せず、生き生きとしていて清々しささえ感じます。
     その世界をミアは希望をもって広げていきます。
     村の風景が、ミアの持ち帰った“希望の種”のおかげで美しく変わっていくページは感動です。
     とてもさわやかな、エンディングでした。

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • フォアマン・ブルー

    マイケル・フォアマンというと、フォアマン・ブルーとでもいうような美しい澄んだ水色の色彩だと思います。

    この本でもその水色が効果的に活かされていると思います。

    粗大ごみの山を花で美しくミア。どことなく「ルピナスさん」を彷彿とさせます。

    実話らしい力強さがあり、清々しさを感じる本です。

    町の人が捨てた粗大ゴミを集めて暮らすということには心が痛みますが、そんな中でも力強く花を育てている少女がいるということが感動的です。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長田弘さん

    長田弘さんが邦訳を担当されている作品だったのでこの絵本を選びました。心温まる内容で感動しました。アンデスのチリの空気をそのまま凝縮して描かれている絵がとても気に入りました。主人公の優しい気持が花に込められているのも素晴らしいし、この花が沢山の人に幸せを与えているのも感動しました。主人公の夢が叶うといいなと思いました。主人公と家族のその後がとても気になる絵本です。チリに行ってみたくなりました。

    掲載日:2009/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい花と心

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    高い山々の間にある集落。
    そこに住む少女ミアは、父が連れてきた一匹の犬との出会いをきっかけに、自分の夢を見つけます。

    人々が捨てるガラクタ。ゴミの山でしかないその場所が、美しい花でうめつくされる光景に感動します。
    この花たちは、ミアが犬を大切に思う気持ちがいっぱい詰まっているからこそ美しく咲いているのではないかと思いました。
    街でたくさんの人々へと渡される花たち。
    美しい花と共に美しい心も、どんどん広がっていったら素敵なことでしょう。

    そんな懸命な姿に、神様からのプレゼントが届いたのでしょうか。
    ミアの願いも叶い、とても幸せな気持ちで本を閉じている自分がいました。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット