あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

ものいう動物たちのすみか」 みんなの声

ものいう動物たちのすみか 作・絵:安房 直子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784035409304
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「ものいう動物たちのすみか」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ますます好きになりました

    安房直子コレクション3です。

    「ねこじゃらしの野原」と「風のローラースケート」という小さな子どもでも読んできかせればわかりやすい内容の作品が収録されています。

    「風のローラースケート」も「ねこじゃらしの野原」も短編が集まってできているお話なので一日一話的に読むこともできます。

    特に「風のローラースケート」の中の「ふろふき大根のゆうべ」という作品が印象に残りました。

    山のいのししが集まって語り合うという催し。

    ゆげを見て「悲しいことやいやなことなんか、みんなわすれてしまいます」という表現に驚き、そしてとてもいいなと思いました。

    料理のゆげを見て、「いやなこと」を忘れる。日常の家事を大切にしていた安房さんならではの表現であるように思いました。

    エッセイも同時に収録されていて「誰のために」というエッセイでは、子どものために童話を書くという決意を「私は今あらためて、自分の道を見つけたような気がしています」と表現していて、その意識の元に数々の童話が生まれていたことが、とても嬉しかったです。

    安房直子コレクションをこれですべて読み終えたのですが、読めば読むほど安房さんの作品を好きになり、未収録作品も読んでいきたいという気持ちが募ってくるのを感じています。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット