しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

書本漢字」 みんなの声

書本漢字 作・絵:武田双雲
出版社:池田書店
本体価格:\1,800+税
発行日:2008年07月
ISBN:9784262145280
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まるで絵本みたい

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    ひらがなに興味を持ち、
    少しずつ読めるようになった4歳の息子と読みました。

    漢字一文字で「やま」とか読むということが理解できず、
    清書の漢字と、
    隣のページの象形もじのような味のある漢字を
    一文字ずつ読んで、「これで、や、ま?」と
    漢字に興味を持って聞いていました。

    ひらがなもいいけれど、
    漢字の方が象形文字や形意文字など
    クイズみたいで子どもにも面白いみたいでした。

    詩もすてきで、絵はないけれど、
    まるで絵本みたいに
    ゆったりと子どもと読めました。

    掲載日:2016/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 漢字って面白い!

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    たまたまテレビで見かけた武田双雲さんの書を書く様子が
    とても楽しそうで、しかも基礎がしっかりとした字だったので
    気になっていました。
    先日大阪で個展があり、運良くパフォーマンスショーも行くことが出来、
    双雲さんの書の魅力を目の当たりにしました。
    しかも、会場をうろうろされていた長身のご本人は、気さくに書の質問にも答えてくださり、
    大感激でした。
    ということで、双雲さんの著書をいろいろ読んでいる次第。
    この本は『しょぼん』がひらがななのに対して、漢字を扱っているのですが、
    その漢字は小学校1年生で初めて出会う漢字と、双雲さんが是非紹介したい漢字の
    計56文字。
    『しょぼん』とおなじく、右に美しい楷書、左に芸術的な楽しい書と詩。
    漢字はそもそも絵文字ですから、その魅力も存分に発揮。
    巻末にはその漢字の文字の変遷もたっぷり解説してあります。
    実際この本をお手本に書に親しみ始めた子どもたちもたくさんいらっしゃるそうです。
    そう、漢字って面白いです。
    その魅力にはまれば、漢字を覚えるのも楽しくなります。
    かく言う私も漢字大好き人間です。
    とても共感してしまいました。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット