ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

怪談レストラン19 闇のレストラン」 みんなの声

怪談レストラン19 闇のレストラン 責任編集:松谷 みよ子
編:怪談レストラン編集委員会
絵:かとうくみこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:2001年12月
ISBN:9784494005338
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 結構怖いです

    「おねがいします」は理不尽な話だと思った。中を見ずに家族に届けてと頼まれた人が、つい見てしまったけどちゃんと届けたのに早死にしてしまうなんて、、、恨みかは分からないしたまたまだとしても、ちょっとお礼があってもいいくらいなのにな〜と思いました。

    「死のお客」もかわいそう。たまたまガイコツに冗談で夕食に誘ったのはいけないが、来たときにちゃんと食事をとらせてわざわざ墓まで送ってやったのに、帰ると120年後で家族も死んでいて自分もすぐ死ぬなんて、、、、。

    「深夜のレストラン」、これももし何か食べていたら死んだかも、なんて、ちょっと怖いですね。

    「闇をあるく鬼」も、悪さをする鬼をやっつけた武士の屋敷全員を呪うなんて怖い。

    他の話もですが、全体になかなか怖い仕上がりになっていて大人にも怖いのでおすすめ。ラストも、、、、帰るか死ぬか、わからない道で客を返すなんて、闇のレストランはおそろしや、、、。

    掲載日:2011/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット