しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

バーバパパのアフリカいき」 みんなの声

バーバパパのアフリカいき 作:アネット・チゾン タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:1997年12月
ISBN:9784062676618
評価スコア 4.24
評価ランキング 15,284
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • かわいいバーバパパシリーズ

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    バーバパパは、アフリカから檻に入れられて運ばれている動物たちを助けることにします。バーバパパのおかげでアフリカに帰れた動物たちは仲間たちとの再会を喜びます。動物愛護を訴えかけているのでしょう。普段、動物園たペットショップで動物と触れ合う子どもたちはどんな捉え方をするのでしょうか。
    この本にはバーバママや子どもは出てきません。
    バーバパパシリーズは問題提起をしているものが多いです。でも押しつけがましくないし、絵もお話もユーモアがあるので、普通に楽しめます。子どもも3歳くらいのころにはまっていました。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • はまっています

    5歳の長女が、最近、バーバパパにはまっています。
    図書館で借りる絵本もバーバパパがメイン。あまりに借り過ぎなので、本人に何冊か選ばせるようにしています。

    今回のお話は、バーバーパパが動物たちを助けるために、なんと大きな荷物に変身!
    無事に動物たちはアフリカに帰ることができました。
    バーバパパのやさしさが伝わってくる1冊でした。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • バーバパパ大活躍

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    列車に乗って出かけるつもりが大きすぎて列車に乗れなかったバーバパパ.動物達と一緒の貨物列車に乗ることになりました.いろんな変身ができるバーバパパでも,小さくなるっていうのは無理なんだねーという話に子どもとなりました.
    バーバパパは貨物列車の中でであった動物達を助けて,アフリカのおうちへ戻してあげることになりました.
    手をはさみに変えておりの柵を切ったり,旅行かばんに変身して動物達をかくまったり,さすが変身が得意なバーバパパです.旅行かばんから足がはえて歩いてる姿を息子は面白がっていました.
    無事動物達をアフリカへ送り届けたバーバパパでしたが,本来のお出かけ先はどこだったのかも気になります.

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパだけしか出てこないめずらしい一冊

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。

    アフリカへ帰りたい動物たちを、
    バーバパパがうまーく逃がしてあげて、
    アフリカまで連れて行ってあげるお話。

    どんな姿にも変身できるバーバパパならではの活躍でしたが、
    「ちょっと面白くない。」と、娘。

    そう、パパ以外が登場しないのです。

    うちの子たちは、「オレ、バーバピカリ」
    「私、バーバリブね!」なぁんていって、
    自分達を登場人物となぞらえて生きている為、
    パパしか出てこないこの「アフリカ編」は、「おもしろくない。」の一言でした。

    まぁ、たまにはパパだけに注目してあげようよ。
    と親として思った一冊でした。

    掲載日:2016/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物たちを助けよう

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    人間にとらわれた動物たちを助けてあげよう、というバーバパのお話。お得意の変身をしつつ…。パパ以外のバーバ一家は今回は出番なしです。
    バーバパパは環境保護・自然愛護といったテーマが多いなーと思いました。やさしいバーバパパです。個人的にはこうした人間を非難するような絵本は子どもに対してちょっと読みにくいです…。動物園等について子どもが考えてしまわないか気になってしまって。
    子どもたちはバーバパパの絵本は好きなようでよく持ってきます。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宝箱のよう

    列車にのるとき、列車で閉じ込められている動物たちをアフリカに逃がすと決意したバーバパパ。

    輸送箱に変身してみんなをアフリカに連れていきます。

    飛行機なんかにも変身するバーバパパがなぜこういうときに列車にのるか、箱になるかもわからないのですが、そこはお話。まあ仕方ないのでしょうか。

    でもアフリカで逃がしてあげる姿は優しいのでとても良いと思います。

    子供はこのシリーズが好きで、一人で読んでいました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • バーバパパは列車でお出かけ。

    でも、大きいので動物ののる貨物列車にのせられます。そこで会った動物に同情し、アフリカに返してあげることにします。

    まず、大きな箱に変身して、中に動物を入れ、飛行機でアフリカに運ばれ、ジャングルまでいきます。

    めでたしめでたし。

    でも、パパ、用事はいいのかしら。気になります。

    子供の気に入りそうなカラフルな絵本で、子供も喜んでいました。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいバーバパパでした

    バーバパパは何にでもどんな形にもなれることは

    知っていましたが、ハサミに変形したら

    ちゃんと切ることもできるんですね、驚きました!!

    アフリカのジャングルまで動物を運ぶために

    大きな荷物入れに変身するバーバパパ。

    動物たちをもとのジャングルにかえしてあげようと

    思う気持ちが優しいと思いました。

    この絵本にはバーバパパの家族は出てきませんでした。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • めでたしめでたし

    オリに入れられた動物たちを助けて、アフリカに連れて行ってあげるという単純明快なお話。
    だけどバーバパパがあまりにもおおらかでユニークなので何回も読みたくなってしまう。
    そもそもピンクの大きなおばけの方が動物たちより目立つ!

    我が子も気に入って、何度も読んでと言ってきます。
    まだ字が読めませんが、最後のページだけは読める(暗記した?)ようになりました。
    ”ありがとうバーバパパ”

    最後にほんわか良い気分になれる絵本です。

    掲載日:2013/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいバーバパパ

    娘は最近、バーバパパにもはまっているのですが、
    なんでだろうとちょっと考えてみました。
    きっとバーバパパが、アンパンマン(これは0歳の
    ときから大好きです!)のように、だれにでも優しい
    ヒーローだからなのかなって、最近思います。
    今回もバーバパパが、アフリカに帰りたくて、泣いている
    動物たちを、バーバパパの特技で助けてあげます。
    どんな風に助けるのかは、お楽しみです♪
    とにかく、だれにでも優しいバーバパパは、私も小さい
    頃から大好きです♪

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット