しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

怪談レストラン23 もののけレストラン」 みんなの声

怪談レストラン23 もののけレストラン 責任編集:松谷 みよ子
編:怪談レストラン編集委員会
絵:たかい よしかず
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784494005420
評価スコア 4
評価ランキング 21,972
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 足のない幽霊には訳があった!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    「もののけ」の巻も、プロローグとエピローグが松谷みよ子さんです。
    常光徹さんのコラムは今回2ページしかなくて残念でした。
    「足のない幽霊」の理由と(理由があったなんて知らなかったです)、
    「足のはや(い幽霊」(わりといろいろなところに伝承されているし、都市伝説にもあります)のはなしでした。

    今回収録されている怖いはなしで特にお薦めなのは、「白い手の妖怪」。短いのにオチがよかったです。

    掲載日:2017/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • そんなに怖くない

    そんなに怖くないので、小学生向け。

    ラストのもののけに仕返しされるあたりは、納得がいく展開でした。ドイツのおんぶお化けなど、オバケって世界どこでも似たようなものがいるんですね。

    一番怖いのは人間だと思います。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『しりとりしましょ!巻物えほんキット』<br>さいとうしのぶさん インタビュー<br>

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット