しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ほしにむすばれて」 みんなの声

ほしにむすばれて 作:谷川 俊太郎
絵:えびな みつる
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年
ISBN:9784580820623
評価スコア 4.87
評価ランキング 39
みんなの声 総数 14
「ほしにむすばれて」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 親子代々のきずなのお話

    このお話は、星を中心に親子代々の絆を描いたお話でした。おじいちゃんが星好きだったら、お母さんも星好きになって、その子供も星好きになってと言った感じで、お互いの思い出などもあってとっても感動的なオア話でした。

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 受け継がれていくもの

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ゆうやけは
    よるのはじまり
    ゆうやけをぬぐと
    そらははだか
    うちへ かえるこどもたちに
    あおぞらが かくしていた
    ほしぼしを みせる

    にぎやかなひるまから
    しずかなよるへと
    こどもたちをさそって
    ゆうやけは
    うちゅうの ドラマの
    まくを あける

    素敵な詩で始まるこのお話。
    星空の好きなおじいちゃんの人生を、小さな子どもの目を通して描かれています。おじいちゃんから、おかあさん、そして、ぼくに受け継がれてきたことに気づかされます。
    短い文章で表現されていますが、なかなか奥の深い内容です。そして、開いた瞬間、2ページ全体に夜空の様子が描かれているところもあり、なかなかの圧巻で、本当に星空の下にいるような気持ちになり、なんだか、自分がちっぽけに思えてしまうくらいです。
    次は、実際に外に出て、星を眺めたい気持ちに誘われます。

    掲載日:2009/07/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 星が静かに紡ぐ時間

    ブックトークの星座の本のリストにあった作品。
    なるほど、星にはこんな縁を紡ぐ力があるかも、と思いました。
    主人公の「ぼく」が語る、おじいちゃんと星のエピソード。
    星好きだったおじいちゃんが、望遠鏡を眺め、
    娘も同じように星好きに育ち、ぼくも。
    星が静かに紡ぐ時間、といった趣です。
    望遠鏡というアイテムが効いています。
    何より、えびなみつるさんの描く天空がとても美しいです。
    谷川さんの文章は、プラネタリウムにそっと寄り添うナレーションのようで、
    これもまた、珠玉の味わいです。
    滋味深い味わいは、やはり、小学校中学年以上くらいからでしょうか。

    掲載日:2017/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • さだまさしさんが曲をつけてくれないかな〜。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    学生時代の友人にさだまさしさんの歌が好きな人がいましたが、
    この谷川さんの文を読んでいて、ふと、さだまさしさんが曲をつけたら、素敵なんじゃないかな〜と、思ってしまいました。

    一つの星の輝きはとても息の長いものです。
    長くてもたかだか100年くらいの人間とは違います。

    語り手は「ぼく」。中学生くらいでしょうか?
    星を見るのが大好きだったおじいちゃんにもらった望遠鏡を見ています(最後のページで)。
    この絵本は1ページ進むごとに時が何年か進み、最後に“いま”のぼくを描いているようです。

    また、この作品の絵を手掛けてくれているえびなさんは「星」を描くのが得意なようです。ほかにも「星」の絵本などを数冊出していらっしゃっってます。
    この作品では、見開きの文章のあるほうには人の影を、その隣のページにその時見ている星が描かれているようです。
    1回1回登場するそれらの星々の絵には愛情が感じられました。
    とても素敵な作品です。
    星がきれいに見える時期にいかがでしょうか?
    高学年くらいからお薦めします。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な表現

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    ゆうやけは
    よるのはじまり
    ゆうやけをぬぐと
    そらははだか
    うちへ かえるこどもたちに
    あおぞらが かくしていた
    ほしぼしを みせる

    にぎやかなひるまから
    しずかなよるへと
    こどもたちをさそって
    ゆうやけは
    うちゅうの ドラマの
    まくを あける

    この詩だけでまず、ふわーっとしてしまいました。
    なんだか舞台を見ているような気になってしまうのです。
    星によって結ばれて、つながれて、受け継がれて・・・

    まさにドラマチックです。

    掲載日:2016/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜にゆったり読みたい

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子5歳

    谷川俊太郎さんの味わい深い文章が、ストーリーや美しい夜空の絵にぴったりマッチしていて、絵本の中にどんどん引き込まれて行く感じがします。
    心地よい音の詩から始まり、男の子のシルエットが登場します。おじいちゃんとの思い出、そしておじいちゃんから聞いた、おじいちゃんと星との思い出。そしてお母さんが生まれてぼくが生まれて…。人間はすべてシルエットで描かれていることから、主役は【星】なんだと再確認できます。
    人間の尺度と星の尺度の違いが程よく伝わってきて、星の歴史の深さを教えてくれます。人間の命は受け継がれていくけれど、いつでも夜空で待ってくれている星は、すごく壮大で雄大な存在なんですね。
    この絵本を子供たちがどう感じるかはわからないけど、とてつもなく大きなもの、を感じてくれたら十分じゃないかな。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜空の魅力

    えびなみつるさんは本当に星が好きだと思います。
    描かれているどのページも、写真のように、図鑑のように、魅力あふれる夜空の絵が詳細に描かれています。
    そして、星が好きだったおじいちゃんの姿、おじいちゃんが恋人と出会い、子どもが産まれて(それがお母さん)、お母さんも星に魅せられて、望遠鏡を手に入れてと、星に魅せられた家族の姿も夜空のように描かれています。
    何度見返してもうなってしまいます。
    宇宙に対する夢。
    この絵本はえびなさん自身のことを書いているのでしょうか。
    見返しにえびなさん自身が写した、池谷・関彗星の写真がありました。
    本に描かれた絵は、写真と見間違うくらいに精度が高いと思います。
    とてもファンタジックな絵本でした。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • じ〜ん・・・とくる素敵な絵本

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    素晴らしい・・・

    その一言です

    始まる前に
    「ゆうやけはー」と
    詩が書いてあります
    左側は朱色の夕焼け
    次からは
    左側に夜空
    右側に群青色の男の子のシルエット

    全面に月の満ち欠け
    惑星
    のページもあります

    おじいちゃんの小さい頃から
    ぼくのおかあさんに
    そして、ぼくとおじいちゃん
    そして、ぼく

    おじいちゃんは星になっちゃっても
    繋がっている

    素敵ですね

    見返しの写真は
    絵を担当したえびな氏が撮影した彗星\(◎o◎)/!
    この「ぼく」は
    もしかして、えびな氏のこと?では???

    自然災害、人災・・・
    いろいろあるけど、空や
    星、宇宙は変わってないのですよね
    人間って、ちっちゃいな・・・

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 星空

    昨日孫とプラネタリュームを観に行ったのですが、残念なことに観ることが出来なかったです。この絵本は星の好きなおじいちゃんの一生が画かれています。タイトル通りとてもロマンチックで、おじいちゃんは幸せな人生を送ったなあって思いました。絵本に登場した星たちの説明が後書きに記されていてとても役にたったし、親切でよかったです。
    定年になっておじいちゃんは、星がよくみえる山の上に家を建てて星の観察をしながら過ごすおじいちゃんのロマンに付き合ったおばあちゃんが素敵だと思いました。いつまでも星をみているおじいちゃんが風邪をひかないかと心配するおばあちゃんに愛情をいっぱい感じました。

    掲載日:2011/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 科学絵本の趣も感じられる

    巻末に、この絵本に登場した星については、どんな星であったのかが名称が紹介されています。

    でも、科学絵本という趣ではなく、星にまつわる出来事の家族の記録といっていいのかな?

    短いお話になっています。

    絵が、とてもきれいなんですよ。

    月のみちかけなどもあって、こういうところに科学絵本の趣を感じます。

    星にまつわるお話って七夕を始めとしてどこかロマンチックなところもありますね。

    『星にむすばれて』というタイトルも素敵だと思いました。

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



永遠のウルトラ少年・少女たちへ捧ぐ!ウルトラセブン絵さがし本

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.87)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット