大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

いそっぷのおはなし」 みんなの声

いそっぷのおはなし 絵:降矢 なな
再話:木坂 涼
出版社:グランまま社 グランまま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784906195602
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,582
みんなの声 総数 44
「いそっぷのおはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 教訓無しなところが良かったです

    立ち読み企画で息子と一緒に読ませていただきました。

    イソップのお話。
    どれもこれも、どこかで必ず耳に(目に)したことのあるお話です。
    6歳の息子も、すでになんとなく知っているお話ばかりだったようです。

    でも、この本では、なんとお話の最後に教訓がない!!
    イソップ=教訓、と思い込んでいた私にとって、これはすごくびっくりしちゃいました。
    「だから欲張ってはいけませんね」「だからうそつきはいけませんね」みたいなのを教えてくれるのがイソップ童話だとばかり・・・。

    でも、教訓がないイソップ童話であっても、お話だけで十分その意図が伝わってくるんですね。
    わざわざ文末に念押しのように教訓を差し込まなくても、ちゃんと成り立っているんだなということがよくわかりました。
    むしろ、無いほうがすっきりしていて、ユニークでシュールなイソップ童話そのものの味を楽しめる気がしました。

    また、降矢さんの絵がとてもいいんですよね!!
    見覚えのあるきつねくんの表情もすごく楽しいし、お話のイメージを覆すような(例えば金の斧銀の斧のお話とか)挿絵も面白かったです。

    掲載日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    4
  • イソップ本デビュー。

    イソップは良く知られているけれど、子供には解るかな、
    面白いのかな?とイマイチ迷うところがありました。

    寝る前に話していると、どうしても教訓めいた話になってしまうし…。

    でも、この絵本を読んでみて、ちょっと考えが変わりました。

    小2の長男にいいかと思って借りてきたのに、
    何度も持ってくるのは4歳の次男。

    私が思うより自由にコドモは絵本を楽しめるみたいです。
    それに降矢さんの絵は、イソップの雰囲気に合ってますよね。
    そこが次男のハートをつかんだ理由かもしれません。

    イソップ本デビューには良かったなあと思いました♪

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    4
  • 容赦ないイソップ

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    ニコニコわくわくな絵本になれてしまっている昨今
    たまにイソップを読むと「ハッ」とさせられます
    容赦ないストーリーと何とも言えない後味の悪さ。
    でもこれこそが長年読まれ、多くを感じさせてくれるイソップなのでしょう。特にこの絵本はお話の終わり方に潔さを感じます。
    そして何よりもとにかく絵が素敵です
    かわいさあり、
    ミステリアスありとお話お話で別の表情を見せてくれます

    何度よんでも「うしとかえる」には驚かされます

    掲載日:2011/08/19

    参考になりました
    感謝
    2
  • 私のイメージとぴったり♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    イソップは、子どもの頃、何度も読みました
    おもしろい?というより
    教訓的ですよね

    イラストがあったり、なかったりで
    絵本ではありませんでした

    降矢さんの絵は、個人的に大好き♪

    遊び心たっぷりなんですもの!

    最初のキツネと
    最後の旅人は、キツネですよね!?
    おっかし〜い

    にくらしいくらいの顔つきとか
    上手ですよね

    初めて読むのは、ちょっときついかも(^^ゞ
    大人向けかもしれません

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • なつかしい でも あたらしい

    • ひかりひまわにさん
    • 40代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子12歳、女の子10歳、女の子8歳

    イソップのお話、なつかしい〜っとおもいつつ
    子供達にあらためて読んであげた記憶があまりなかったので、
    迷わず手にとりました。
    ましてやみんな大好きな降矢ななさんの絵、ばっちりです!
    ちょっと古めかしいかんじと、いたずらっ子ぽいあの目。
    短いお話ですが、考えさせられます。パッと読んでしまうと
    「エッ?」という子供達の顔。
    次のページをめくると全面の絵で「あ〜ぁ!」と納得。
    いくつもあるので「今日はこれ。」「わたしはこれ。」
    と楽しめますよ。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • てつのおのです

    おれたちともだちシリーズの降矢ななさんのイラストと知り
    さっそく借りました。
    しかも絶対誰もが知っているイソップ童話なので
    一度は読んでみたい作品です。
    ママはとっても気に入ったので★5つですが
    子供は食いつきよくなく★4かな?
    見開き2ページで終わってしまうので絵が次々変わるわけでない
    所が子供は退屈だったかな?
    私ももう少し絵がたくさんみたいなと思いましたが…。
    『よくばりないぬ』の話では同じようなイラストがあり、
    「間違い探し!」と子供は言っています。
    (間違い探しじゃないって!!)
    一番気に入ったお話は『きこりとおの』でした。
    「おんなじの(ボクにも)やって」とせがみ
    私がかみさまの役をやってあげると
    「てつのおのです」と答え、
    「おまえはしょうじきものだ」と
    言われてとてもうれしそうにしています^^
    『からすときつね』も気に入ったようです。
    チーズを取られてしまったからすがかわいそうなのか
    「からすさん、チーズあげるよ」とチーズを渡してあげる真似
    をしています^^;
    もう少し大きくなってもう一度読むともっと楽しめるかもしれません。

    掲載日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    2
  • 降矢ななさんの絵を楽しむイソップ?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    私が初めて読んだイソップ物語はかなり大型版で、その当時はやっていた百科事典のような大きな童話集でした。出版社ももう覚えていません。
    ある日突然母が買ってきて、本棚に置いてあったように記憶しています。

    その時の記憶の話に比べると、この『イソップのおはなし』はかなり文章が短いです。
    端折ってあるのか、それともこの木坂涼さんの再話の方が原文に近いのかわかりませんが、
    正直、この絵本からは大まかな概要は分かるものの、どちらかというと降矢ななさんの絵を楽しむ絵本。と考えた方がよいような気がします。

    子ども心に『よくばりないぬ』の話はすごく印象深い話だったのですが、当時読んだ童話の絵はどこにでもいるような雑種(ミックス)だったので、降矢さんの描くよくばりな犬が“黒いブルドック”にはびっくりしました。しかも、肉がすごくレア状態なステーキにしか見えないし!(^^)
    あと、カエルのお母さんのフリルのスカートが、可愛くてよかったです。

    掲載日:2011/09/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 教訓無しでも伝わる

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    イソップの有名なお話の再話ですが、あらすじは知っていたものの改めて読んで、
    その簡潔さに驚きました。
    再話の木坂涼さんが、あえて、もともとなかった教訓せりふをそぎ落とし、
    絵の力でその教訓を浮かび上がらせた、からのようです。
    確かにびっくりするほど簡潔ですが、その要旨がストレートに伝わってきて、
    「絵本の力」を実感してしまいました。
    白黒の場面とカラーの場面の効果もいい感じです。
    やはり知っておきたいイソップのおはなしの数々。
    この作品はオススメです!

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 新鮮!

     「イソップ」に降矢さんの絵?・・・最初はちょっと想像がつかなかったんですが、表紙の絵を見てすぐに、意外とおもしろいかも!と思えました。
    そして、実際に読んでみると、予想以上にインパクトがあり、
    さすがは降矢さん!と、なんだか日本人として誇らしい気持ちにさえ
    なりました。
    挿絵によって、ずいぶんとお話の解釈自体も変わるものなんですね。
    聞き慣れたお話も、あっと驚く絵の構成に、昔話ではなく、現代版として蘇ったような、新鮮さを感じました。
     今度は、ぜひ日本の昔話にもチャレンジしていただきたいなあ、と新たな期待を抱いています。

    掲載日:2011/09/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自分で感じる

    9この短いお話が一冊になっています。

    息子が知っているお話もありましたが
    知らないお話もありました。

    たとえば知らなかった『うしとかえる』。
    かえるのあかあさんが”はれつ”でおしまい。
    息子は「えっ」と言ってページが飛んでいないか確認していました。

    絵にも引き込まれていました。
    オオカミが見開きいっぱいに書かれた、文字の無いページでは
    「えっ食べられたの!?」とページから目を離さずに
    つぶやいていました。
    一つのお話がとても短いですが
    表情も豊かで楽しく、迫力もある絵からも
    お話を膨らませているようでした。

    教訓部分は直接書かれていませんが
    知っているお話も多かったですし、なんとなく伝わります。
    なんとなく伝わるのがちょうどイイ感じだと思いました。

    掲載日:2011/07/15

    参考になりました
    感謝
    1

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

全ページためしよみ
年齢別絵本セット