モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

外郎売」 みんなの声

外郎売 編:齋藤 孝
絵:長野 ヒデ子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784593560592
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,334
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 絵が付いて子どもにも分かりやすく

    • 久里子さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

     小学3年の読み聞かせボランティアに使おうと練習していたら、6歳の長女が喜んで先に全ページを覚えてしまいました。
    「産子、這子にいたるまで」のページの赤ちゃんの絵が一番お気に入りです。

     文字だけ見ていると、滑舌の練習問題のようですが、長野ヒデ子さんのほのぼのとした挿絵が付いているので、言葉の意味を想像できて子どもにも分かりやすいようです。
     小学生には抑揚をつけて、早口言葉の部分を速く読み、最後を歌舞伎の見えを切るように締めたら、感心しながら聞いてくれました。

     やはり言葉の意味が分かった方がもっと面白いと思うので、1度きりの読み聞かせでは物足りないかな。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • ういろう

    • やこちんさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子7歳、

    トレーニングのためによく、外郎売はつぶやいています。
    絵本があると知り、早速図書館で借りてきました。

    歌舞伎の演目のひとつである「外郎売」
    アナウンサーの滑舌練習の題材として超有名ですが、
    少しずつ読み方がちがうものもあり
    このえほんのは、わかりやすい部分だけピックアップしたようなバージョンで
    かなりの部分が割愛されています(最後のページにすべてがのっています)。
    解釈の難しし言い回しも、絵本であれば、わかりやすいです。

    「ういろう」は名古屋名物のういろうではなく
    小田原で売られている、口中さわやかになり、喉にもよく効く丸薬のこと。
    そのことを頭に入れておけば、なおわかりやすいかも。

    娘の前で
    途中の早口言葉をすっぱりとよみ
    ドヤ顔の母です。

    掲載日:2012/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 全編通して江戸言葉で難しい!

    最初から最後まで、江戸っぽい時代にまかせた言葉なので、大人は語感で楽しめるけど、申し訳ないことに我が家の3歳児には全く早すぎて、難しかったです。大人にも難しいので、結構(中学か高校くらい?)大きくならないと分かりづらいです。

    歌舞伎の演目の1つらしいのですが、ういろう(外郎)売りが、ういろうを飲むと舌がすごくまわって早口言葉をずっとずっとずーっと言い続けていきます。似たような早口言葉は現代にもあるけど、一部が似てるだけでかなり違います。うまく早く読むのも難しい。理解しながら読むのももっと難しい。

    当時はういろうはくすりだったらしいです。今は甘くてオヤツですけどね。これは初めて知ったので少し勉強にはなりました。

    掲載日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • これは素晴らしい

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    まさか、外郎売を絵本にしてあるものがあるとは思いもしませんでした。
    二十年以上演劇に携わってきましたが、外郎売を覚えたことはなく、最近になって覚えたら楽しいかも知れないと思っていた矢先に、図書館で見つけて借りてみると、漢字で書いてあるだけでもわかりやすいのに、絵があるのでますますイメージしやすい。
    この絵がまた、コミカルで見てるだけでもとっても楽しくなってきます。
    これは、借りるより、買うべき本でした。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • アナウンサーも

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    滑舌などを鍛えたくて、今、ボイストレーニングのレッスンを受講中で、
    この文章も、アナウンサーが必ず練習する、ということで前半の一部を練習中。
    動画検索でもすぐヒットするくらい有名のようですね。
    中学校での読み聞かせでこの作品を読んだ方があり、絵本化されていることを知った次第。
    口上の全文(見返しには掲載!)ではありませんが、
    確かに、情景がわかりやすくて、勉強になりました。
    「外郎(ういろう)」という薬を売る商人の口上です。
    薬の効用に、舌のまわりが早くなる、ということで、荒唐無稽な早口言葉の
    オンパレードというわけですね。
    でも、口上というだけあって、声に出して、耳で聞くと心地よい、
    というのが魅力なのでしょう。
    もちろん、日本語ネイティブなら、自然と抑揚がついていくのも、嬉しいです。
    まさしく言葉の文化まで伝わってきます。
    小学生くらいから、ぜひ、体感してほしいです。

    掲載日:2016/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出来れば全文で紹介してほしかったな〜。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    他のこのシリーズを読んでいても思ったのですが、斉藤孝先生は、編集する際、本当の文章から一部切り落として使っているみたいです。
    たぶん、絵翻意するときの文字数の関係だとは思いますが、せっかい久リズムが大事な「口上」で、
    ポロっと言葉が抜けてるのは、やや物足りないというか、肩透かしを食らったような気になってしまいました。
    そこがちょっと残念でしたが、こういう昔ながらの言葉を若い世代に紹介する本としてはとても素敵だと思います。
    イラストは長野ヒデ子さんなので、どのページも楽しく見ることがでkました。
    特に馬が温泉に浸かっているシーンは面白かったです。

    掲載日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2年生食いつきました

    小学生には意味はわからないし
    早口の部分を面白がってくれたらいいな、
    という浅い考えで読み聞かせに使いました。

    読み終わった後、早口言葉の部分だけを、みんなで読んでみたりしたのですが、それだけでは満足せず
    男の子たちが、興味を持ったのは
    冒頭の『拙者親方と申すは‥』部分からでした。
    1ページ、カマズに読めるかどうかを試してみたくって、
    本を貸して貸してと、大盛り上がりに。

    全文のコピーも用意したのですが
    絵本のほうが、読みやすいのです。
    意味がわかろうがわかるまいが、お構いなしに読んでいました。
    日本語の流れの美しさに
    脱帽です。

    掲載日:2014/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校の読み聞かせボランティアに行っています。
    先日、先輩の、読み聞かせ講習に行かれている方が
    上手だからということで見学に行きました。
    3年生のクラスでこれを読んでくれました。
    読んだというよりは、語り=暗記していて、
    でも、ただの素語りでは3年生には難しいだろうということで
    この絵本を見せながらの語りとなりました。
    とはいえ、3年生には厳しいのでは??と思ってましたが、
    早口言葉のところで、お〜〜という歓声があがりました。
    意味とかではなくて、迫力に感動しているようでした。
    伝わるものはあるのだなあと思いました。
    長野さんの絵、やっぱりいいな〜と思いながら
    私は聞いていました。

    掲載日:2013/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ういろうって、薬?

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    名古屋名物のお菓子『ういろう』かと思ったら、飲むと口が回りだしてとまらなくなる丸薬『ういろう』のお話でした。
    『ういろう』を売るために、早口言葉をどんどん言っていく、外郎売の口上が、長野ヒデ子さんの絵とともに、書かれています。
    改めて、声に出してみると、なかなか難しく、また、早口言葉には、音の楽しさも含まれているので、はやく言えるように挑戦しながら、もうひとつの楽しさも味わうことができます。
    また『外郎売』は歌舞伎十八番のひとつでもあるそうです。

    かなり長い口上なので、ただ読み上げるだけでは理解できない内容も、絵を見ながら読むことで、その意味もわかりやすく伝わってきます。
    一冊の絵本で、お話を楽しみながら、日本独特の文化にも触れることのできる、なかなかの傑作だと思います。
    巻末にはわかりやすい解説も添えられています。

    掲載日:2010/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になりました!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    早口言葉てんこ盛り!
    歌舞伎なんだぁ・・・(^^ゞと、勉強不足で、すみません

    すごいですよね
    日本語のおもしろさ、音の楽しさをうまく表していると思います

    この絵本に出逢わなかったら、素通り・・・の世界だったかもしれません

    そのページの文と、長野さんの絵のインパクトで、楽しさが倍になっているかも

    裏表紙の全文も勉強になりました!

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / もこ もこもこ / パパ、お月さまとって! / おとうさん・パパ・おとうちゃん / ぼくつかまらないもん! / うめぼしさん / おやすみ、ロジャー

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット