もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ころころオレンジのおさんぽ」 みんなの声

ころころオレンジのおさんぽ 作・絵:nakaban(ナカバン)
出版社:イースト・プレス イースト・プレスの特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784781600871
評価スコア 3.85
評価ランキング 28,891
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • どこもかも良い香りになります

    色の取り合わせが好きです。
    イラストがのんびりおだやかな気分を作っているようなのも
    良い感じです。
    オレンジの木に車がついてどんどんひとりででかけてしまいます。
    電車と競争、おきゃくさんにオレンジ、
    トンネルではこうもりさんにオレンジ
    どこもかもゆっくり、はやく、走りながら
    みんなにオレンジを配るオレンジの木
    やさしくてすてきな木ですね。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なイラスト!

    お話の内容はいたってシンプルに感じました。
    何より魅力的だったのが,イラストです!
    私はこういうタイプのイラストがとても好きですね。
    色彩はグリーンとブラウンを中心に描かれ,その中で主である「オレンジ」が映えていてとても素敵でした。
    イラストに癒され☆5です!!

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力が抜けてリラックスできる

    ちょっととぼけた雰囲気の表紙の絵に惹かれて読みました。
    オレンジの木に車輪がついて、木がころころと道を転がっていくおはなしです。
    途中、みんなにオレンジを分けてあげたり、オレンジジュースになったりするのを見ていると、力が抜けてリラックスできました。
    大人が小休憩中に読んだりするのも、リフレッシュできそうでオススメです。

    掲載日:2015/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • お散歩できたほうが楽しいはず!

    動くはずのない木が、動く?!

    そうですよね、きっと木だって、
    お散歩できたほうが楽しいと思います。

    「お散歩」というタイトルですが、
    最初からなかなかスピーディーに走り抜けてゆきます。

    出会った人たちにオレンジを分けてあげるなんて、太っ腹!
    私も、お散歩中の木に遭遇してみたいです。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • オレンジの木

     オレンジ一個がコロコロするのかな、と思ったらオレンジの木がコロコロしていくのがおかしかったです。ほんわかした緑とオレンジ色の絵も、リラックスできていいなと思いました。
     シンプルでオチらしいこともないけれど、最後までよむと、また読みたくなってしまいます。

     子供も楽しめるし、大人もリラックスできる絵本でした。北国に住んでいるので、庭にオレンジの木があるのがうらやましいなと思いました。

    掲載日:2013/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • オレンジはいくつあるのかな?

    オレンジの木にいたずらで台車をつけたらどんどん転がって、電車を追い越すスピードに!出会うみんなにオレンジの実をあげながら進みます。最後はおじさんの家に戻ってきます。

    シンプルなストーリーで少しオチは欲しい気もしますが、スピード感があって意外性があります。読んでいるとオレンジやオレンジジュースを飲みたくなりますね。

    掲載日:2012/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • オレンジの木が無邪気に見えます

    • みくみく さん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 女の子4歳、男の子3歳

    猫のいたずらから 
    散歩に行くこととなる オレンジの木

    オレンジの木はお話するわけでも無く
    でも、みんなにオレンジを挙げて 
    最後には ちゃんとおじさんの所に帰る 

    オレンジの木は散歩を満喫したんだろうな
    オレンジの帰りを外でおじさんが待っていたところも
    おじさんのオレンジの木への愛情を感じられます 

    シンプルな内容にシンプルな色合いでしたので
    我が家の子供達は 残念ながら
    それほど大きな反応はありませんでした

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙が一番素敵かな;

    • ももうさ♪さん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳、女の子0歳

    ナンセンス系の当たりはずれが激しい娘。
    この絵本の反応は今ひとつでした;

    緑とオレンジの素敵な表紙に期待しながら全頁立ち読みしましたが、
    本文はかなり薄い色なのですね。

    もう少し鮮やかだったり、もっと濃淡が付いていたりする方が、
    見やすく、うちの娘の好みだったようです。
    話の流れよりも、色調の単調さに飽きてしまったようでした。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなかおもしろいですよ

    ほのぼのするお話でした。
    木が電車と競争したり、みんなにみかんをプレゼントしたり、ページをめくるのが、どんどん楽しみになってきました。
    うちの子は電車が大好きなので、とってもワクワクしながらきいていました。

    掲載日:2011/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナンセンスがおもしろい

    • ポピンズさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    表紙がかわいくて、立ち読みさせていただきました。
    オレンジがたくさん、転がるのかなぁ、と思いきや。
    このオレンジの木、まるで生きているみたいにみんなになりたてオレンジを配るのですね。
    最後、ただいま、と帰ってくるのですから、生きているのでしょう。
    ネコが車輪をつけたところから、なんで???といいたくなりますが、「長新太さんのよう」と感想に書かれている方に同感です。
    理屈ぬきに不思議なことが起こる、それがとっても楽しい!
    ちょうど、息子がふくだとしお「とんでいったりんご」でりんごがどこまでも行くのが好きなので、同じ感覚でオレンジの木をどこまでも追いかけて(特に道をどこまでもいくのを辿るのが好き)いました。
    7歳の娘は、絵を描くのがが大好きなので幼稚園の頃「ネズネズのおえかき」を読み、最近は『小さな魔女からの手紙』にもナカバンさんの挿絵があるのに気付きましたが、このオレンジのセンス、これからもナカバンさんの作品に期待したいです。

    掲載日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(12人)

絵本の評価(3.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット