庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おばけのジョージーてじなをする」 みんなの声

おばけのジョージーてじなをする 作・絵:ロバート・ブライト
訳:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784198626938
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この作品が一番好きかも

    シリーズで読んでいます。

    ジョージーのおばけとしての本領発揮というのでしょうか。

    この作品がシリーズの中で一番好きかもしれません。

    ホイッティカーさんが手品の名人でないのに、名人になってしまう成行きや、屋根裏部屋での練習などそこかしこでクスクスと笑えました。

    手品の黒子的なジョージーの活躍ぶりが微笑ましかったです。

    そしてかわいいんですよね。恥ずかしがり屋なのに、人のために頑張ってしまうところにも、人の良さを感じました。

    シリーズ作品をすべて読んでしまったので、もう一度読み返しているところです。

    掲載日:2009/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうするんだろうと思いました

    ホイッティカーさんが簡単な手品しかできないのに、めいじんににっているのが、おもしろかったです。

    どうするんだろうと思いました。

    やねうらで、てじなのれんしゅうをするから、クモをつついたりして、ぜんぜんてじなになってないじゃんかって思いました。

    こんなふうだと、しんぱいです。

    はとのかわりに、オリバーが出てくるからおもしろかったです。

    ホイッティカーさんは、本とうにジョージーが見えてないのかな?

    ジョージーがとてもたよりになると思いました。

    ぼくもジョージーにあってみたいです。

    掲載日:2009/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット