しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

怪談レストラン40 丑三つ時レストラン」 みんなの声

怪談レストラン40 丑三つ時レストラン 責任編集:松谷 みよ子
編:怪談レストラン編集委員会
絵:たかい よしかず
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:2005年12月
ISBN:9784494011377
評価スコア 3.75
評価ランキング 31,257
みんなの声 総数 3
「怪談レストラン40 丑三つ時レストラン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この巻は主人公たちの年齢層が高い。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    “丑三つ時”というのはだいたい夜中の2時ころです。幽霊や妖怪などが一番この世に出てきやすい時間らしいので、“丑三つ時”におきた。とされるおはなしは世界各国に結構あります。
    「ジョージの時計」は、誰もが知っている「大きなのっぽの古時計」のようなお話ですが、こういう感じに聞くと時計とおじいさんの友情のようなきずなもちょっと怖い気がするのはなぜでしょう。

    この巻は全体主人公の年齢層が高いので、小学生くらいの子どもたちにはちょっと共感しにくいものもあるかもしれません。

    毎回、楽しみにしているコラムのテーマは「時ドキッはご用心」は時間ごとに○○があるとこうなる。という言い伝え特集でした。

    掲載日:2017/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今回のお味は…

    暗示にかかり易いのか、このシリーズを読み始めると、本当にレストランに来たような気になるのです。
    そして、ひとつひとつのお話を味わっているような気にも…。

    丑三つ時なんて、いかにもな感じですが、切ないスパイスの効いた、ちょっぴりしょっぱいお話も多かったです。

    幽霊たちにも生きていた頃があった。
    いろいろな思いを抱えていたからこそ、出てくるんだなって思いました。

    怖いけど切ない。でもやっぱり怖い。
    丑三つ時は、ぐっすり眠るに限ります!

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人柱は怖い

    人柱の話はなかなか怖いですね。自分がされたら絶対恨むから、犠牲者の思いを想像するだけでおそろしいです。こんなことを疑問もなくやっちゃう昔のえらい人たちって、、、、頭の構造が単純なんですかね?

    リトルトン卿の夢の話も結構怖い。自分の死ぬ日時を予告されると、、、どんな気持ちになるんでしょう?まずは死後の準備もできるから少しはマシだけど、まだ死ねないときはどうしたらいいんでしょう。でも、遺産整理とか(死ぬときにあればですが)、個人的な手紙の処分や日記の処分、いろいろしたいので自分は知りたいですね。

    丑三つ時のわら人形の話も、、、おどろおどろしい話が多めで、今回はなかなかオトナでも満足なホラーでした。

    掲載日:2011/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『10才からはじめるゲームプログラミング図鑑』編集者インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット