ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

しあわせの3つのおしえ」 みんなの声

しあわせの3つのおしえ 作・絵:エマ・チチェスター・クラーク
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1998年
ISBN:9784566006171
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,185
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素晴らしい教えだけれど

    親の言うことをちゃんと聞くこと、交通ルール守ること、人に親切が出来ること。
    もっともな教えだけれど、一番目はちょっと問題かも知れませんね。
    悪いことを指示されたとき、この犬は別の意味にとってしまったけれど、どうしても三番目の教えと矛盾してしまいます。
    ちょっとパターンが出来すぎたお話ですが、素敵な出会いが待っていたので、良かったと思います。
    後は、最初の飼い主のようにならないことですね。

    掲載日:2016/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙がすべてを物語っていると思いました。

    優しい立派な母犬の教えを子犬はよくきいたので、はじめの不幸にも負けず、しあわせになれたのですね。 

    最初の飼い主のジョーンズが言った「ウサギどものあいてをしてやれ、わすれられないような目にあわせてやるんだぞ」をそんなことなら簡単だと「ウサギのおあいてした。わすれられないほどたのしくすごした」という誤解(?)を1年生が理解できたか少し不安でしたが・・・・・。

    子供たちには、この物語の3つの教えは、みんなにも言える事かも知れないよと話しました。
     「ご主人」とはおうちの方やみんなの先生のことだよ、
     道路は右左をよくみて慌てずに渡るんだよ、
     そして困っている人がいたらいつも助けるんだよと。

    じーんと来るいいお話しでした。

    掲載日:2009/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分で勝ち取ったしあわせ

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    優しすぎてご主人に追い出されてしまった犬。
    でも、おかあさんの言いつけを守って、本当の自分の居場所を見つけます。

    この犬の視点で書かれていて、犬の感情が伝わってきます。
    絵もほとんど表情が分からないのですが、耳や尻尾などから伝わってきます。
    作者は犬好きなのでしょうね。

    掲載日:2007/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に響きます

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「メルローズとクロック」「ブルーカンガルー」シリーズで有名なエマ・チチェスター・クラークの作品です。
    我家では、ブルーカンガルーが大好評なので、期待をもって読みました。

    物語は、僕(子犬)がママに言われたことが3つあるということから始まります。
    その3つとは
    @ご主人には従うこと
    A道を渡るときには、右と左を、良く見て
    B困っている人は、いつも助けてあげなさい

    3つのおしえを守ったおかげで、最後はハッピーエンドになるのですが、前段の部分が若干暗すぎるような気がしました。
    教えを守ることの大切さもさりげなく子供には伝わったようで、全体的に暗めの色合いである部分を除けば、心に響く絵本だと思います。

    ストーリーとして、僕(犬)の視点で書かれており、こんな風に流れがある絵本もたまには良いかなと思っています。

    掲載日:2007/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言いつけを守ってよかった

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子16歳、女の子13歳、女の子12歳

    「しあわせの3つのおしえ」というのは子犬の『ぼく』がママからいつもいわれたこと。
    1.ごしゅ人にはしたがうこと。
    2.道をわたるときには、みぎとひだりをよく見る。
    3.こまっている人は、いつもたすけてあげる。
    大きくなったぼくはもらわれていきますが、ママは「おしえをまもりなさい。きっとしあわせになれるから。」と送り出します。

    忠実に3つのおしえを忠実に守っているはずなのに、辛いめにばかり遭ってしまう。こんなにやさしくていい子なのに。
    途中までは『正直者はばかをみる』的な要素が多くて、切なくなります。でも、世の中捨てたものではありません。
    人助けをした「ぼく」を、ちゃんと助けてくれる人が現れるのです。ママの言ったとおりでした。

    長年生きていると、要領よく生きる方法を身に着けてしまいます。でも、正直に、真面目に、人のためにも動く事。これは育児・育自の根幹かなって思いました。

    ただし、ジョーンズさんにとっては、畑を荒らすウサギは死活問題だったのだろうなぁ。そんなウサギと楽しく遊ばれたら、頭には来るかもね。

    掲載日:2007/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストには安心感!

    子犬の“ぼく”の視点から書かれたお話です
    ぼくは、お母さんからいつもいわれてたことば。
    ・ご主人には従うこと
    ・道を渡るときは右・左をよく見て
    ・困ってる人はいつも助けてあげて
    最初はどうも空回りの様な感じで、なんだか
    かわいそうで、すこ〜し惨めな感じで心が痛みます。
    こんなにかわいそうなお話しなの〜???って
    正直、めいってましたが、最後まで読んで
    よかった!
    きちんと3つの教えが報われるときが来ました!
    最初から最後まで楽しいお話し。感動するお話しも
    素敵ですが、こういった流れのお話しも
    お話し全体を通して、見えてくる幸せ!!で
    わかりやすくてたまにはいいな〜って思っちゃいました。

    掲載日:2007/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵・訳ともに良い!

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    新たな貰い手に引き取られることになった犬。しかし怖い扱いを受け逃げ出す。町にたどり着いた犬はおばあさんを見つける。近寄ろうとした瞬間、おばあさんは車にはねられ・・・。

    訳が犬の「ぼく」視点で書かれており、感情移入し易く柔らかく仕上がっています。

    作者は犬を飼っていた経験があるのではないでしょうか。
    ・新たな貰い手に引き取られ耳を下げて親犬を見つめるさま
    ・電話が鳴ってびくっと耳を立て神経を研ぎ澄ますさま
    ・貰い手が犬と一緒にチラシ読んで見せるさま

    など犬の不安そうな気持ち・飼い主の言いたいことを感じようとする様子が 絵を見るだけでぱっと伝わってきます。

    おばあさんから後光が射しているシーン。描く角度が良いですよね。「良かったなぁ」と声を掛けたくなりました。犬にとっておばあさんは天使だったんだね。

    ハッピーエンドでお奨めの1冊です。

    掲載日:2007/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンデレラストーリー

    題名を見て、「しあわせのおしえ」ということばに惹かれ借りました。

     ぼくがちいさいころママにいつも言われた
     「ご主人には、したがうこと。道を渡るときはみぎとひだ  りをよくみて。そして、困っている人は、いつもたすけ  てあげなさい」

    この文章で、この物語が始まります。

    子犬の”ぼく”は、意地悪なおじさんにもらわれていきます。

    必死に3つの教えを守ろうとするのですが、はじめは、とても、幸せにはなれません。
    それでも、教えを守って、とうとう幸せになることが出来ました。

    子犬の、シンデレラストーリーといったところでしょうか。
    いいお話なのですが、うまく行き過ぎているところもあります。

    子犬は、最後には幸せになりましたが、おかあさんと離れて、子犬は何が幸せなんだろう・・・と思うと、ちょっと切なくなりました。

    掲載日:2006/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の愛情にじーん。

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    子犬がママに3つの教えを伝授されます。主人に従うこと。道を渡るとき左右をよく見ること。困っている人は助けること。やがて子犬は新しいご主人へもらわれていきますが、ママは「3つの教えを守れば幸せになれるから心配しないで・・いつも
    お前のことを祈っているよ」と励まして別れます。しかし、新しいご主人はとても厳しく乱暴で優しい犬は逃げ出します。やがて犬が3つの教えを守って犬が幸せになるまでのお話しです。最後はじーんとして思わずウルウルとしてしまいました。絵もすごく素敵で、とてもやさしいタッチで一目で気に入りました。犬好きにはたまらない一冊です。

    掲載日:2003/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / てぶくろ / そらまめくんのベッド

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット