大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

おうちがいちばん」 みんなの声

おうちがいちばん 作:キャロル・ロス
絵:バレリー・ゴルバチョフ
訳:那須田 淳
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年8月31日
ISBN:9784062621519
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,158
みんなの声 総数 13
「おうちがいちばん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 結局は・・・

    引越ししたきたニックは
    一人暮らしなのね(^^ゞ

    手提げカゴにうさぎのぬいぐるみを入れて
    他のおうちを廻ります

    それぞれいろいろ難あり
    そりゃそうだ・・・
    予想出来ることもあり
    こどもでも
    「だめだよね、寝れないよね」って
    心配になりそう

    結局、みんなのうちを
    歩き回ったのもよかったのかもね(^^ゞ

    それぞれの尋ねる動物の個性がおかしいです

    寝る前の1冊にお薦めです

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟たくさんのうさぎのニックが今回は独立!一人暮らしを始めます。でも、寝るときになんだか寂しくていろんな友達の家をまわりますが、うるさかったり、くさかったり、明るかったり。結局、自分の家が一番と気づく話。

    なかなかオチもあるし絵も可愛いしストーリーが秀逸。子供も喜んで聞いていました。おすすめできます。ママも気に入りました!シリーズでどんどん出して欲しいなあ〜

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり自分の家だよね!

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。新しい家に引っ越してきて、ひとりで寝ることができないので、近所のお友達のところを転々とするお話です。息子はけたけた笑っていましたね。

    近所のお友達の寝床はいろいろな事情で安眠ができません。スカンクくんのうちでは、他人がいるとついおならをしてくさいにおいを出してしまう。ハリネズミさんのうちでは、針がベッドにささっていて、痛い。りすくんのうちでは、夜中におなかがすいたといってむしゃむしゃどんぐりを食べている音がうるさい。ふくろうさんのうちは、夜はあかりをさんさんとつけていて、とても眠れない・・・。やっぱり自分の家に戻って寝るのが一番!

    それぞれの動物にはそれぞれの状況で眠りについていくので、自分と同じではない、ということがわかったのではないでしょうか。息子もまさかこんなにいろいろな状況があるとはおもわなかったみたいで、それぞれの眠らせてくれない事情をくすくす笑っていましたね。まだ、気づいていませんが、今出産で里帰りを2ヶ月半して、もうすぐ自宅に帰りますが、帰った瞬間、「やっぱり自分のうちが一番!」と同じことをぼやいてしまうのかも。

    掲載日:2011/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おうちがいちばん

    引越してきたばかりのうさぎくん。
    夜、独りで寝るのが心細い。
    そこで森の動物たちのところに、一緒に寝かせてもらいに行きます。
    でも誰の家に行っても、熟睡できる場所はありません。
    なぜなら、みんな何かしら問題があって・・・、
    たとえばスカンクくんのオナラとかね・・。
    明日からのうさぎくんの睡眠が少し気になります。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめです

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    バレリー・ゴルバチョフさんの作品は、「おかあさんがいちばん」を読んで以来、注目しています。
    この絵本の主人公はうさぎのニック。たしか「おかあさんがいちばん」の主人公もニックという名前のうさぎの子だったと思うのですが、同名の別うさぎなのでしょうか?
    この絵本ではお母さんも兄弟たちも登場せず、一人暮らしのような設定です。
    淋しくて眠れないニックはご近所さんのところへ出かけ、泊めてくれるか尋ねます。
    みんな気持ちよく泊めてくれるのですが・・・。
    なかなか安眠の場を見つけられないニック。結局自分のおうちが一番なのですね。
    繰り返しのおはなしながら、それぞれの動物の特徴をうまく捉えて楽しいおはなしになっています。
    みんなが親切で気持ちいいし、絵も素敵なので幅広い年齢のお子さんにおすすめです。

    掲載日:2010/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物たちの特徴までわかっちゃう

    一人暮らしをはじめたこうさぎが、さびしくなって森のともだちの家に泊めてもらいにいきます。
    「こんばん とめてくれる?」ときくと、みんな「もちろんよ」「どうぞどうぞ」とこころよく迎え入れてくれるのですが、いざ寝ようとすると・・・

    「どうしてうさぎくんは眠れないのかな?」などと娘と話がはずみました。
    絵もかわいくて好きです。

    掲載日:2008/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々な寝ぐせが楽しい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    我家で最近人気のバレリー・ゴルバチョフの作品だったので読んでみました。
    珍しく、文は他の人によるものでしたが、楽しめる作品でした。
    ゴルバチョフのアメリカでの絵本デビュー作が「おかあさんが いちばん」で、この作品はその続編にあたります。
    因みに、「おかあさんが いちばん」でペアレントガイド「チルドレンズメデイア」賞を受賞しています。

    お話は、こうさぎのニックが、森の家に引っ越ししてきたところから始まります。
    でも、寂しくて寝れません。
    そこで、友達に泊めて貰いに行くのですが、みんな寝ぐせとかに問題があって寝ることが出来ません。
    その訳は、成程と頷けるもの。
    結局我家が一番となるのですが、小学校1年の次男も同じことを常日頃同じことを言っているので、笑ってしまいました。

    ゴルバチョフの絵も良いし、ストーリーも素敵なのでお勧めできる絵本です。

    掲載日:2008/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大の字になって

    ニックが自分の家にもどってきて、自分のベットで「大の字」になっている気持がよくわかります。やっぱり自分の家がいちばん落ち着きます。いろいろな友達を訪ねて、ニックにはちょうどいい運動になったでしょうから、ぐっすり眠れたでしょうね。最初のページで、ニックが月をみあげてる後姿は寂しそうだったので、最後の楽しそうな寝顔にほっとしました。

    ニックの友達の寝ぐせに苦笑してしまいました。きっと誰にでも、こんなくせはありますから。
    ふくろうの本に付箋がいっぱいついているを、子供がおもしろがっていました。学校の先生の本と同じだ、と言っていました。

    掲載日:2007/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすらいの・・・ニック

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子8歳、女の子7歳

    いろいろな動物が登場してきます。
    引越してきたばかりのウサギのニック。
    ひとりで寝るのが寂しくて、お友達の動物のところへ行きます。
    なかなか自分が落ち着けるところがなくって、さすらうニック。
    話の流れがわかった子供達は出てくる動物を見て、嫌なところを予想し、楽しみました。
    ママ「どのうちなら泊まれそう?」
    息子・娘「どのうちもいやだあ〜」

    掲載日:2007/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 枕がかわると眠れないようなもの?!

    「○○がいちばん」シリーズで、題名にひかれ手に取りました。
    森に引っ越してきたうさぎさん。初めての夜で寂しくて、一人で眠れません。
    そこで、森のお友達のお家にお邪魔するのですが・・・

    どの家でもやっぱ熟睡できない。
    やっぱりおうちが一番ですねというお話。

    森のお友達も寝る準備をしていたのに、うさぎを快諾でとめてあげる優しさに溢れていました。
    でもやっぱそれぞれ癖があって・・・

    我が家では、家族3人が一緒の部屋で、大人用のシングルベットを合わせて寝ています。
    でも夏場とかになると、一緒に寝たいという思いはあるものの、パパの近くにいくと暑いのか、気付くと床で寝ていたりと、自分のお気に入りの場所が・・・
    ちょっと違いますけど、何かそんな感覚に似ているなあと思ってしまいました。

    それにうちの子は、お友達の家にいったら、もっといっぱい遊びたいのに・・・と眠気より先に遊びたい気持ちがでるはず!と思ったようです。

    掲載日:2006/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット