十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

トトの大てがら」 みんなの声

トトの大てがら 作:C・H・ビショップ
絵:荻太郎
訳:光吉 夏弥
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,229
みんなの声 総数 2
「トトの大てがら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • チョコレートがおいしそうでした

    冬にテントでくらしていたらさむいだろうと思いました。

    かんぱでしんじゃう人もいたからびっくりました。

    家にすめるのはいいことだと思いました。

    ニコラののんだチョコレートがおいしそうでした。

    ぼくものんでみたいと思いました。

    ファルボリじいさんがおもしろかったです。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • C・Hビショップの児童書

    光吉夏弥さん訳の本を探していて見つけました。

    C・Hビショップといえば「シナの五にんきょうだい」ですが、小学二年生から四年生向けの児童書もあったんですね。

    主人公は少年・ニコラでトトとは誰だろう?と思ったら、ニコラたちが住むことになったアパートの管理人が飼っているオウムでした。

    戦後のパリの住宅難が出てきて驚きました。住宅に入れない人たちはテント暮らしをしていたのです。

    ニコラのうちもテント暮らしでした。テント生活で亡くなった妹がいるため、今度生まれた双子の妹たちの命を守りたいという家族の願いが切々と伝わってきました。

    夏はまだしも冬はとても厳しいものがありますよね。

    ニコラが会った浮浪者のファリボルじいさんがとても魅力的でした。

    ニコラがようやく住めるようになったアパートの家主は赤ん坊の入居を認めていないことから起こるさまざまなこと、時間の流れとしてはそんなに長くはないのですが、パリの当時の様子も窺えて興味深かったですし、ニコラの気持ちを思うととても切なく感じるところが何度もありました。

    見返しにパリの地図が描いているので、ニコラと共にパリの寒い冬の道を歩いている気分になりました。

    ニコラがもっている唯一の本が「シナの五にんきょうだい」というくだりがあり、そこにはクスッとしてしまいました。

    掲載日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



取り外せるマイクでうたおう♪あそぼう♪

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット